ニュース
2007年09月22日 20時53分 更新

東京ゲームショウ2007:

チーム戦で「エースコンバット6」対戦プレイ――マイクロソフトブース

東京ゲームショウ2007のマイクロソフトブースで、「エースコンバット6 解放への戦火」のマルチ対戦プレイを紹介するイベントが開催された。

「協力プレイ」による4対4のチーム対戦をプレイ

 バンダイナムコゲームスから11月1日に発売されるXbox 360ソフト「エースコンバット6 解放への戦火」(以下、エースコンバット6)。Xbox LIVEに対応しており、製品版では最大16人での対戦が可能となっている。

 今回のステージで紹介されたのは4対4のチーム対戦。ゲームの内容とともにプレイを紹介したのは、本作のプロデューサーであるバンダイナムコゲームス 一柳宏之氏。一柳氏は「Xbox 360により実現できたパノラマグラフィックが見どころ。従来よりも遠くが見渡せるし、高いところまで行けるし、エフェクトなどもすべてパワーアップしている。家にいながら、世界中のいろいろな風景だけでなく、見たこともないような高空からの風景を見ることができる」と語る。

 また、大軍vs.大軍の戦いも魅力だと一柳氏。「先ほど説明したようなフィールドで、いままで見たこともないような数のばく大な数の味方・敵ユニットが交戦している。その光景はほかでは決して味わえない」(一柳氏)。なおオンライン機能については、それぞれの機体とバトルするだけでなく、友達との協力プレイも用意されている。

 オンライン対戦については、まずバンダイナムコゲームスのスタッフによりデモが行われたあと、一般ユーザーも加えての4対4のチーム対戦も開催された。

画像 サードメンの高橋卓也さんが司会に登場
画像 バンダイナムコゲームス 一柳宏之プロデューサー

画像画像画像 まずは一柳氏と、バンダイナムコゲームスのスタッフによる2対2のデモ。ただし一柳氏は、対戦プレイ中も画面内容などについて解説しなければならないため、戦いに集中できない……。これを相手チームが容赦なく打ち落としていた

画像画像画像 一般ユーザーを加えての対戦

画像

 「『エースコンバット6』は世界中で発売されるので、世界中の人と対戦プレイができる」と一柳氏。また予約特典で用意される、機体をダウンロードできるコードがかかれているカードについて紹介された。この機体はダウンロード販売などでも手に入れられない、特別な機体となるそうだ。

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping