ニュース
2007年10月09日 17時28分 更新

モンスターも西部劇風?――「トキメキファンタジー ラテール」新マップ「ボンゴレ列車」を実装

 ゲームポットは、Windows用MMORPG「トキメキファンタジー ラテール」において、10月9日メンテナンス終了後より、新マップ「ボンゴレ列車」を実装する。

photophotophoto ボンゴレ列車

 「ボンゴレ列車」は、「砂漠地帯」から「エリアス都市」までをつなぐ列車がテーマのマップ。19世紀後半から20世紀にかけてのアメリカ西部開拓時代をモチーフにしている。登場するモンスターも西部劇のような格好で登場。レベル帯は100前後高くなっている。

 また同日より、個人商店機能で、4スロット以上のアイテム販売が可能になる「商店チケット」を販売。新しい「商店チケット」は8スロット、12スロット、16スロットの3種類を用意。さらに16スロット販売できる「商店チケット」は、フリーマケットだけではなくどの都市マップでも個人商店を開設できる。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping