ニュース
2007年10月18日 15時35分 更新

360度見渡せる「MEGA 3D 360」販売開始

wk_071018mega01.jpg 「MEGA 3D 360」
360度シームレス専用3Dスクリーン
L(左目)R(右目)2台1セットのプロジェクター構成
立体音像をコントロールするオリジナルプログラム
6.1サラウンドシステム&低域増長システムを床面に内蔵
ハイビジョン3Dコンピュータグラフィックスによる高密度
プレイ人数:20〜25人
プレイ料金:500円/1人(予価)
プレイ時間:約6分〜10分

 セガは、システム プロが企画・開発した360度ハイビジョン立体空間「MEGA 3D 360」を2008年1月より、全国のテーマパーク、アミューズメント施設、GMS内遊戯スペース等を中心に随時、本格導入を進めると発表。それに先駆け、10月30日に埼玉県羽生市のイオンモール羽生にて、テスト導入を開始する。

 「MEGA 3D 360」は、360度全周のスクリーンに3D立体映像を上映する多人数同時体験型の映像アトラクション。ハイビジョン高画質映像と6.1サラウンドシステム、エアガンシステムを内蔵し、さらに床面にボディソニックを装備。プレーヤーが3Dメガネを装着することで、空間全体を突き抜けるかのような迫力ある3D映像を体験することができる。

 基本的な構造は、全周スクリーンに向けてプロジェクターを設置し、CG3D映像を同期させてPCで制御するというもの。PCで集中管理できるため、少人数のスタッフでのオペレーションを可能としている。また、駆動装置を一切使用していないため高い安全性を確保しているとのこと。

 気になるソフトコンテンツだが、人気キャラクターや世界遺産、時空を超えた冒険など、対応上映ソフトは年間約4本程度を供給する予定だ。なお、販売価格は本体価格が6500 万円(税別)、別途ソフトレンタル料金がかかる。

wk_071018mega02.jpg
(C)システム プロ


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping