ニュース
2007年10月24日 17時37分 更新

「エミル・クロニクル・オンライン」、地下探索型イベント「エレキテル・ラボラトリー」を実装

photo

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、オンラインRPG「エミル・クロニクル・オンライン」(ECO)において、10月26日より「エレキテル」が体験できる地下探索型イベント「エレキテル・ラボラトリー」を実装する。

 「エレキテル・ラボラトリー」は、アクロポリスシティの地下遺跡限定の特別な「探索用エレキテル」を体験できるイベント。地下遺跡で「エレキテル」を使用している間は、すべてのキャラクターが同程度の強さになる。このため、初心者もベテランも同じレベルで楽しむことができる。

プロローグ

 アクロポリスシティの地下に、荒廃した地下都市が発見された。

 発見者は、考古学者でありエレキテル工学の第一人者であるクォーク博士。

 ギルド元宮は、古代文明の発掘に目をつけ、博士を支持し、良いものが発掘できれば、予算を増やし設備を充実させる約束する。

 しかし、地下都市の内部は苛酷な環境であるため、生身で探索することができない。

 このためクォーク博士は、真空でも行動可能な「探索用エレキテル」を開発し、探索することを可能にした。

 地下都市はあまりに広大でクォーク博士と、相棒のトロン博士の2人だけではとてもすべてを探索できない。そこで、冒険に慣れた冒険者たちに協力を求めることにした。


 「エレキテル・ラボラトリー」では、アクロポリスシティの地下深くに眠る前時代の遺産を発掘すべく、日夜活動を続けている。人材不足のラボでは、アクロポリスシティの地下遺跡に潜って発掘作業を行う冒険者を募集。地下は生身では活動できない苛酷な環境であるため、特注品の「探索用エレキテル」に乗り込んでの発掘となる。発掘調査が進めば、新たなマップやクエストが追加される可能性も……。

 「アクロポリスシティ・ダウンタウン」にいる「ラボの案内人」に話しかけると、「エレキテル・ラボラトリー」に移動することができる。「エレキテル・ラボラトリー」にてNPC「クォーク博士」から説明を受け、「ラボカード」を入手してほしい。

 クエストを受けたら、NPC「トロン博士」から「探索用エレキテル」を借りる。「探索用エレキテル」には種類があり、どれか1種類を選択。それぞれの能力を活かし、受けたクエストによってどれを借りるか選択しよう。

  • エレキテル・斬:近接戦闘を強化したエレキテル。攻撃力が高いが、運搬能力が低め。
  • エレキテル・盾:防御性能に特化したエレキテル。防御力、運搬能力が高いが、攻撃力が低め。
  • エレキテル・砲:遠距離からの攻撃に特化したエレキテル。遠距離から攻撃ができるが、そのほかの能力は低め。

 発掘作業にたずさわる冒険者には、その貢献度に応じて「ラボポイント」が与えられる。「ラボポイント」は特定のアイテムと交換することができるので、発掘に従事してステキなアイテムを入手しよう。

photophoto クォーク博士とトロン博士の2人と会話をして、情報をゲットしよう。右が「ラボカード」

(C) 2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping