ニュース
2007年10月24日 19時54分 更新

「デコオンライン」アップデート――新マップ「呪われし大地 ブラド」を実装

 ロックワークスは、10月24日よりゲームポータルサイト「Gameleon」(ガメレオン)が提供するMMORPG「デコオンライン」において、新マップ「呪われし大地 ブラド」を実装する。

ストーリー

遥か昔……

ジャナドという伝説的な王がいた。

彼はクライス大陸で最高の剣士と謳われる英雄であったが、第三文明・ラー大陸より現れたドラゴンのプロイマ「バラゴス」に大陸を襲撃され、その脅威を退けるために禁断の邪悪なプロイマ「アルサイン」と契約を交わしてしまう。

アルサインとの契約により、大陸で最大の力を手に入れたジャナド王は、バラゴスを退け、邪悪なドラゴンの恐怖から大陸を解放したが、その力と引き換えに彼の心は徐々に邪悪なプロイマに侵食されつつあった。

人々が世界を救った英雄を褒め称え浮き足立っている間に、彼は心に少しずつ戦乱の種子を育てていた。

数年の後、彼の心は邪悪に支配され、自らを悪の君主「ヴァント」と名乗り、大陸全土で戦乱を巻き起こし、各地を自らの手に染め始める。

戦乱の最中、ヴァントの乱心に業を煮やした彼の双子の妹、「ブリュンヒルデ」をはじめとして6人の英雄が集結し、反乱軍を結成。6人の英雄の活躍により、ヴァントは退けられたかに見えたが、暗黒のプロイマ・アルサインの影響で、彼を完全に殺すことは叶わなかった。

最後の手段として、英雄たちは自らの血とともに、ブリュンヒルデの肉体を捧げ、その力で禁断の地に彼を封印した。


 「呪われし大地 ブラド」は、高レベル向けインスタンスダンジョン。入り口は「アルミス聖地」にあり、「魂の鍵」を持つ者のみ入場することが許される。ブラドには入場後のマップ内制限時間はない。

 内部には、ヴァントに魂を支配され、呪いと暗黒の力を操る凶悪な悪霊たちが多数存在する。骸骨の姿をした彼らは、オオカミに似たペットを従え、「呪われた大地 ブラド」を彷徨い続けている。

photophotophoto

 彼らのリーダーである5体のモンスターは、多数の兵を周囲に従えながら、非常に強力なスキルを使用するため、戦略なしでは太刀打ちできないと言われている。モンスターたちは、ヴァントの呪いのかかったアイテムを所有しているといわれ、それらのアイテムを得ることで、さらに貴重なアイテムを手に入れられるとの噂もある。

photo 新モンスター

 「呪われし大地 ブラド」へ進入するためには、アイテム「魂の鍵」が必要。ほかの人に渡したり、捨てたり、販売することはできない。この鍵を獲得するためには、特殊なクエストを受けなければならない。

 ミレナ、レインともに「アルミス聖地」のモンスターよりドロップされる「[ミレナ]危険なメッセージ」と「[レイン]危険なメッセージ」のクエストスクロールを獲得することにより、クエストを進行できる。

 このほか「イリシア山廃墟地帯」と「凍りついた湖」、「アインドフ境界地域」と「忘れられた海」に各国の屈強な兵隊を配備し、「アルミス聖地」と「アルミス寺院」のモンスターの使用するスキルの成功率を下方修正している。

 アップデート詳細はこちらから。

Copyright (C) 2006-2007 Rocksoft Co., Ltd.,
(C)Copyright RoC Works Co.,Ltd. Allrights reserved./ Published by RoC Works Co.,Ltd.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping