トップ10
2007年10月31日 12時00分 更新

E記者を襲う“史上最恐”の恐怖

今回は、いまだから言える、E記者に襲いかかった、不幸な出来事について、お話ししましょう……。

 「忌火起草」、怖いですね。TVCMも見ましたが、チキンなわたしはそれだけで震え上がってしまいます。ソフト?? プレイなんてするもんですか。セガさんとチュンソフトさんには悪いけど。最初の発表会で紹介されたとき帰ろうかと思いました。真剣に。誰がなんと言おうと、こういうのは苦手なんですってば。

 ところで、タイトルに付けたE記者の話です。彼はわたしと違って「かまいたちの夜」シリーズや「弟切草」が大好きで、もちろんこの「忌火起草」も喜び勇んでプレイしています。1年ちょい前に掲載した中村光一さんのインタビュー記事は、実は彼の担当。インタビュアーが「忌火起草」のレビューを担当した小城由都さんなのは記事にも書かれていますが、このとき彼に、いまだから言える1つの不幸が訪れていたのでした。

 小城さんも熱烈なチュンソフトのサウンドノベルファン。話をお聞きするわけですから、お題である「かまいたちの夜×3」は、もちろん最後までプレイしています。インタビューにも熱が入り、中村さんと盛り上がる小城さん。インタビューの最中、突然その言葉は発せられたのでした。

 「まさか○○○が○○○だとは思いませんでしたよー(笑)」

 そうです。小城さんは結末を口にしてしまったのです。E記者はというと、その時点では未プレイ。インタビューが終わって会社に戻ってきてから元気がないので、何かあったのかとは思っていましたが、セガの広報担当の方から「『あの瞬間わたしの“かまいたち”は終わりました……』とEさんはため息混じりにつぶやき、がっくりと肩を落としていました」と後日聞いた話は、いまでも忘れられません。

 なお今回掲載したレビュー記事ですが、E記者は編集を担当していません。ただし数カ月前から「忌火起草〜、忌火起草〜」とつぶやいていたので、発売されたソフトを渡して、プレイしてもらうことにしました。今度はレビューも編集しないし、小城さんとも話をしないし、結末を知ることもないね。ひたすら自分でじっくりとプレイ。よかったねE記者。

 ……ところが担当外にもかかわらず、再び彼に不幸が降りかかるとは、誰も予想できませんでした。

 E記者ですが、数カ月前に親元を離れ、念願の1人暮らしを開始。楽しい日々を送っていたのですが、最近どうやら雲行きが怪しくなっているようです。

 その1。突然台所の排水溝が詰まり、修繕する羽目に。住んでから数カ月ということで、負担してもらうべく大家さんと交渉したようですが、結論は折半。引っ越ししたばかりで金がないところに、いきなり数万円の出費を強いられてしまいました。真空吸引を勧められたようですが、「ワイヤーで。」ときっぱり断ったとのこと。

 その2。今度は風呂に入っているときに、いきなり風呂場の電球が切れたそうです。真っ暗になった瞬間E記者は驚いたようですが、「参りましたよ。急に電気が消えるんだから。住んでそれほどたたないのにどうしてなんでしょうね」と言っていました。

 この2つはいずれも“水がらみ”。何かあるのでしょうか……?

 ちなみに「忌火起草」ですが、まだまだ彼はプレイし続けています。ただ仕事が終わって家に帰ってから、夜・夜中にかけての電源投入となるので、「気付いたら丑三つ時になってるんですよね」(E記者)。

 彼はいま、電気を消して寝ることができないそうです。「間取りが本当に(ゲームと)ほぼ同じなんですよ。寝ていてふと、後ろから息を吹きかけられた感じがしたら怖いじゃないですか」(E記者)。カーテンも開けて寝ようかと思うと彼が言ったので、その方がずっと怖いよ? と忠告しておきました。

 この話が都市伝説になってくれたら、わたしとしては至上の喜びです(笑)。

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping