ニュース
2007年10月31日 15時11分 更新

ミミック出現頻度がアップ――「GODIUS」アップデート祭第3弾

photo

 ベルクスは、同社が提供するMMORPG「GODIUS」において、10月31日に6周年記念アップデート祭り第3弾を実施する。

 アップデート祭り第3弾では、「GODIUS」大陸に存在する「洞窟」の一部に、なかなか遭遇することのできないモンスター「ミミック」が出現するようになり、また出現頻度も大幅にアップする。また、倒したときのドロップアイテムも変更し、ミミックが持つアイテムも以前より入手しやすくなる。

 ミミックは隣接しない限り姿を確認することができないので、注意してMAP探索をしよう。なお、「ミミック」の出現地点はランダムで変更され、倒した後でも数時間後に再出現する。

「ミミック」再配置のストーリー概要

大悪魔復活の序曲

 GODIUS大陸には宝箱を模した姿で冒険者を惑わせる下等な悪魔が存在する。

 その魔箱は「ミミック」という名で呼ばれていた。

 その姿から想像されるためか、運よく見つけ、運よく倒すことができれば高級な財宝を入手できるという噂が各地に広まっていたが、その姿を確認できた者は少ない。

 なぜ、宝箱の姿を模しているのか?

 なぜ、普段は姿を隠しているのか?

 冒険者を死地へ誘うための罠であるとも、人間の欲望を利用するための悪魔の使いであるとも言われているが、人間には知る由もない。

 しかし、財宝への飽くなき欲を持つ人間たちは、誰しもが魔箱と出会うことを望んで止まなかった。

 この状況を利用せんと企む1匹の悪魔がいた。

 彼の名はゲド。

 その姿は弱小なスライムに見えるが、かつては巨大な姿をもって地上に出現し、人間たちを苦しめたこともある大悪魔である。

 一時は人間に倒され、現在のスライムの姿となりてかつての力を取り戻しながら、復活の日を待ち望んでいるのだが、その力を取り戻し、「上級」な悪魔となって魔界に君臨する日が刻々と近づいていた。

 その力を取り戻す速度を倍化するために、彼は人間たちの欲とその生命力を利用することにしたのだ。

 彼はGODIUS大陸各地に点在する洞窟に魔箱を多数出現させた。

 訪れた人間達の欲望という名の邪悪な心と、その強靭な肉体を貪るために……。

 あえて繰り返す。

 彼の名はゲド。

 近い未来、魔界に君臨する大悪魔である。


(C)EAST ENTERTAINMENT・VerX Inc.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping