ニュース
2007年11月01日 22時19分 更新

ハドソン「シュウォッチ」いったん発売中止へ

wk_071101shwatch01.jpg

 ハドソンは、高橋名人の公式サイト「16SHOT」で予約を受け付けていた連射測定機能付時計「シューティングウォッチ」の発売をいったん中止すると発表した。

 「シューティングウォッチ」(通称:シュウォッチ)は、1987年に発売されるやいなや累計100万個を販売した連射測定器付時計で、1万個限定で復刻生産されることが発表され予約を受け付けていた。当初の発売予定を延期したのち、9月に開催された東京ゲームショウ2007の会場内でも注目を受け付けていた。

 ハドソン側は発売中止の理由として「お客様に一日も早くお届けすべく鋭意努力してまいりましたが、お客様に十分お楽しみいただける品質にすることができず、お手元にお届けする日程が未だ確定できない状況」としており、高橋名人のブログにおいても、不具合が連続して発生し、このまま修正を続けていくよりも、もう一度最初から作り直した方がいいという判断したとつづられている。

 「今後は、設計とパーツの品質及びラインの状況などを再度見直してから、製造にかかるという事ですので、そこら辺が順調に動き出してから、もう一度販売のお知らせをさせてもらう」とのこと。

 ハドソン側では、注文については一度取り消しとし、改めて販売を行う際に再度案内をするとしている。なお、個人情報保護の観点から、現在登録している連絡先への案内はできないため、今後の進捗状況については「進捗状況報告メールの配信登録」にて対応したいとしている。配信を希望するユーザーは改めて告知ページから受け付けている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping