連載
2007年11月16日 00時00分 更新

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:

ポリゴンに新しさを感じた頃「麻雀ステーション MAZIN〜麻神〜」 (1/2)

実に1年2か月ぶりに、プレイステーションのソフトを取り上げます。「麻雀ステーション MAZIN〜麻神〜」(サンソフト)。麻雀牌と麻雀卓をポリゴンによって立体的に表現した、プレイステーションのローンチタイトルです。登場人物が全員濃いです。

格闘チックに気合いで麻雀

 「俺と同じ卓についたことを後悔するんだな」

 「おいらの江戸っ子の血が騒ぐぜい!」

 「フン! ハァッ! デヤアッ!」

 「うおぉ、この勝利をゼウス様にぃー!」


 これらは、「麻雀ステーション MAZIN〜麻神〜」(サンソフト)に出てくる雀士が、上がったときの勝ちゼリフ。これだけ見ても、この雀士たちが、いかに濃いメンツかがわかるだろう。

 勝ちゼリフだけではない。ツモや打牌のときにも、いちいち「フンッ!」とか「ハアッ!」とか叫ぶ。気合い入りまくりなのだ。

 「麻神」のキャンペーンモードは、麻雀の神“麻神”が、世界の各時代の英雄に挑戦状を送りつけたという設定。10人の雀士が戦い、勝ち残った者が麻神への挑戦権を得る。

 紀元前のアテネから来た戦士。15世紀のルーマニアから来た吸血鬼の少女。戦国時代の侍。アメリカ西部開拓時代のガンマン。プレーヤーが操作する主人公・伊吹勝也も現代人ではなく、戦後すぐの日本から来た学生だ。

 現代人の雀士は2人。1人はアメリカの空手家で、もう1人は……ボディコンのお立ち台ギャル。

 このゲームにおける“現代”というのはもちろん、ゲームが発売された1994年12月3日のこと(プレイステーション本体と同時発売)。

 この年の夏にジュリアナ東京は閉店していて、お立ち台ギャルも“ちょっと前の流行”という印象があったような気がするが、今となっては“だいぶ前の流行”であり、ギリシャの戦士や戦国の侍と同様、過去の一時代を象徴するキャラクターとなってしまった。

画像 オープニングに出てくる麻神。オープニングには音声が入り、プレイステーションの高機能をアピールしていた
画像 ギリシャの戦士・ローゼスは、上がるたびにゼウス様に勝利を捧げる
画像 お立ち台ギャル。「遊び相手にはちょっと物足りないわね」という勝ちゼリフが何かむかつく

 各キャラクターが勝ちゼリフをしゃべることや、雀士に戦士系のキャラクターが多いことなど、当時流行していた対戦格闘ゲーム、特に「バーチャファイター」の影響がみられる。

 主人公・伊吹勝也も、ツンツン髪に鉢巻きの日本男児と、「バーチャファイター」のアキラをほうふつとさせるキャラクターだ。

 もちろん勝也にも勝ちゼリフがある。プレーヤーが上がったときに、気合いを入れて勝也がしゃべる、その勝ちゼリフは……、

 「よし! 歯ごたえのねえやつだだで!」

 主人公がかむなあ〜っ!!

画像 戦後の混乱期を麻雀の腕だけで生き抜いたという、主人公の伊吹勝也
画像 金持ちのおじさまが大好きの、萌え系(?)吸血鬼、シェルル
画像 多分未来から来ているであろう、江戸っ子ロボットのデンジロウ

牌もポリゴン、卓もポリゴン

 「麻神」最大の特徴は何といっても、すべてがポリゴンで表示されたゲーム画面だ。

 ポリゴンを使ったゲームは、スーパーファミコンの時代からあった。だがプレイステーションでは、ポリゴンによる描画を作りやすいというハード特性もあって、ポリゴンを使ったゲームが主流となった。

 まだ業界トップになる前のプレイステーションでは、異色のソフトがいっぱいあって、独特のカオスな雰囲気をかもし出していた。

 アーケードから移植のレースゲーム「リッジレーサー」(ナムコ)や、リアルタイム3DのRPG「キングスフィールド」(フロム・ソフトウェア)のように高い評価を得たものもある。

 一方、主人公が実写の格闘ゲーム「ツインゴッデス」(ポリグラム)や、登場人物の顔が異様に怖いアドベンチャーゲーム「厄 友情談疑」(アイディアファクトリー)など、強烈すぎるゲームも多かった。

画像 ここだけ見ると普通の麻雀ゲームだが、ここから画面切り替えなしで、視点が下家に移動する

 「麻神」は、その種のゲームのはしりといえるかもしれない。麻雀を打つキャラクターはもちろん、麻雀牌も、そして麻雀卓も、すべてがポリゴンで表示されているのだ。

 ある意味、プレイステーションの機能を存分に生かしたゲームである。

 すべてがポリゴンということで、さまざまな視点から卓を眺めることができる。実際のゲームでは、プレーヤーの手番ではもちろん手持ちの牌が表示されるが、打牌が終わると、下家、対面、上家の動きとその捨て牌が、次々とアップで表示される。

 視点は切り替えではなく、プレーヤーの牌から下家の顔へ、さらに下家の捨て牌へと、なめらかに視点が移動するのだ。当然、ポンやカンが入ると、鳴いた雀士に視点が移動する。

 さらに、視点の動き方はひと通りではない。相手の雀士が、あるときは正面からアップで、あるときは斜めから、またあるときは卓越しにロングでと、幾通りかのアングルで表示されるのだ。

 こうした視点へのこだわりは、ゲーム内容とは直接関係ない。でも、プレイステーションというゲーム機の性能を、わかりやすく示すことになった。

画像 下家にいる空手家のスカッド。同じ局でも、あるツモ順ではこのように真横からのアングルとなるが
画像 別のツモ順では、斜めからのアングル
画像 また別のツモ順では、正面からのアップとなる
       1|2 次のページへ

[ゲイムマン,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping