ニュース
2007年11月19日 18時41分 更新

マイクロソフト、カスタマイズ対応10ボタンゲーミングマウス「SideWinder Mouse」を日本発売

マイクロソフトは、多彩なカスタマイズ機能が特徴のゲーマー向け10ボタンマウス「SideWinder Mouse」の日本国内発売を発表した。
photo Microsoft SideWinder Mouse

 マイクロソフトは11月19日、多彩なカスタマイズ機能が特徴のゲーマー向け10ボタンマウス「Microsoft SideWinder Mouse」の日本国内発売を発表、12月7日より発売する。価格は8400円。

photo ボタン配置図  ホイール直下の「1」〜「3」は解像度変更用ボタン、「9」ボタンは“Games Explorer”(XPの場合はIntelliPoint)を起動できるクイック起動ボタンとなっている

 SideWinder Mouseは、ホイールを含めて計10個のボタンを備える多機能マウスで、うち5ボタンは任意の機能をカスタマイズ可能。キーボード操作を割り当てるマクロ機能は、専用ソフトウェアを用いることなくマウス本体のみで登録することができ、上部側面の小型LCDディスプレイで設定を確認できる。

 スキャン解像度は最大2000dpiで、解像度はDPI変更用ボタン(計3ボタン)にて瞬時に3段階に切り替えることが可能だ。また、ゲーム向けカスタマイズ機能として同梱の4種類のウェイト(重り)を本体内に格納することで本体の重量を任意に変更できるほか、マウス底面のソールを交換することで摩擦抵抗も調節することができる。

 本体サイズは74(幅)×125(奥行き)×40(高さ)ミリ、重量は165〜195グラム。対応OSはWindows XP/Vista。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping