ニュース
2007年11月20日 17時46分 更新

「現代大戦略2008〜自衛隊参戦・激震のアジア崩壊!〜」発売

 システムソフト・アルファーから、PCむけソフト「現代大戦略2008〜自衛隊参戦・激震のアジア崩壊!〜」が12月27日に発売される。価格は1万290円(税込)。

 「現代大戦略」シリーズは、現実の紛争情勢をリアルに表現した、ウォーシミュレーションゲーム。さらなるリアリティを与える独自の要素として、戦闘に参加しない「民間人」や実際の地形を詳細に表現した「ビジュアルマップ」などを実装しているのが特徴だ。

 シリーズ7作目となる本作では、現在の紛争情勢をいち早くシナリオに盛り込み、パキスタン内戦、中国アフリカ侵攻など、多彩なシナリオを用意。システム面では大戦略シリーズ初の仕様「分岐型勝利条件」が追加され、ビジュアル面も大きく刷新している。さらに、局地的な戦闘をリアルに表現するため、様々な国家の特徴的な兵器が多数追加されている。

画像画像画像

現代大戦略2008〜自衛隊参戦・激震のアジア崩壊!〜
発売日 12月27日(木)
メディア CD-ROM(1枚組)
価格(税込) 1万290円
必要システム構成
OS Windows Vista/XP/Me/2000 Professional/98 日本語版
CPU PentiumIII/800MHz以上のCPU搭載機種(1.6GHz以上のCPU搭載機種を推奨)
メモリ 128MB以上(256MB以上推奨)
HDD 1GB以上のHDD空き容量
グラフィックス 1024×768ドット、16ビットHigh Color以上のカラー表示が可能な環境
※本製品の起動時には、必ず製品版のCD-ROMが必要です。
※DirectX9.0cが動作可能な環境が必要です。
(C)2001- 2007 SystemSoft Alpha Corporation


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping