ニュース
2007年12月04日 20時17分 更新

エンターテインメント部門大賞に「Wii Sports」――「第11回文化庁メディア芸術祭」受賞作品決定

 文化庁メディア芸術祭実行委員会は、本年度の受賞作品を決定したと報じた。今年度は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、世界43カ国と地域から応募があった2091作品(昨年1808)から選ばれている。

 アート部門は、原爆ドームの90年間の歴史を膨大な写真をコラージュのようにつづった映像作品「nijuman no borei」が大賞を受賞。エンターテインメント部門は、新しいインタフェースによってゲームの新しい可能性を提示したとして「Wii Sports」が大賞を受賞している。なお、アニメーション部門は「河童のクゥと夏休み」、マンガ部門は「モリのアサガオ」がそれぞれ大賞を受賞している。今年度の受賞作品については強いメッセージを持っていたり、革新的なチャレンジが見られる作品が多い特徴があるとの総評だ。

 第11回文化庁メディア芸術祭は、2008年2月6日(水)から2月17日(日)まで国立新美術館にて開催される。推薦作品と受賞作品詳細については、12月13日より公式サイトにて掲載される予定。

 エンターテインメント部門には、大賞の「Wii Sports」のほかに、「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」や「MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd」などのゲームタイトルも優秀賞として受賞している。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping