特集
2007年12月13日 00時32分 更新

この冬遊びたいゲーム特集(前編)

まもなくクリスマス! そして、正月がやってまいります。早いもので、今年もあとわずか。寒さも身に染みる季節ですし、おウチでゲームなんていかがですか? ITmedia +D Gamesでは、これまで掲載したレビューの中から、“この冬に遊びたいゲーム”をピックアップ。あなたはどのゲームをプレイしますか?

(→この冬遊びたいゲーム特集(後編)はこちらへ)

 学生の皆さんはまもなく冬休みに胸膨らませ、サラリーマンの諸氏らはボーナスの使い道をじっくり考えている頃だろう。なかなか時間を取れないため、ゲームを落ち着いてできないという皆様にとって、今年の冬は興味があったけど控えていたゲーム欲を一気に昇華させる好機だと思う。短い冬休み、バカンスに行く方、正月を利用して実家に帰る方、はたまた近場で遊ぶ方、一歩も外には出ずにインドア生活な方たちに最適なゲームをITmedia +D Gamesがオススメ。そんなわけで、今年の夏以降に発売された据え置き型ゲーム機で発売されたタイトルを紹介しよう。

 まずはWiiの「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」。映画も公開されており、注目度は高い。Wiiザッパーという新たなコントローラで遊ぶ新鮮さもさることながら、単純にストレス発散に効果的ではないだろうか? ゲームで遊んだあとは、富士急ハイランドに出かけ、2008年2月3日(日)までの期間限定で開催されている「戦慄迷宮EX. バイオハザード」で恐怖体験というのもオツかもしれない?

 また、Wiiザッパー対応タイトルならば「ゴースト・スカッド」もストレス発散にはもってこいだ。友人と遊ぶゲームとしてもオススメしたい。誰かと遊ぶ、というのであれば「スーパーマリオギャラクシー」も同様。謎を2人で考えながら、仲を深めていってもいいだろう。いやいや、ひたすら戦いあるのみ! という方にはちょっと前の発売になるが、「機動戦士ガンダム MS戦線0079」も直感的に遊べて気持ちがいい。今回は紹介していないが、先頃発売になった「Wii Fit」で健康なカラダ作りにこの冬はいそしむというのもアリだろう。

 次にXbox 360タイトルでは、全世界的ヒットタイトル「Halo 3」は外せない。世界中のプレーヤーと戦うことができる本作だが、慣れないFPSだし、いまさら初心者が楽しめないと思いこんではいけない。先日開催された「Xbox 360 2nd Annibersary Party」では、「Halo 3 Japan Championship 決勝大会」が開かれたりと盛り上がっているし、そのプレーヤー層も厚い。この冬休みの間、じっくりやりこめば世界に打って出ても戦えるだろう。

 撃って戦うといえば、「エースコンバット6 解放への戦火」もオススメしたい。こちらも戦闘機に興味がないとスルーしてはいけない。集団戦と空を駆ける高揚感は、本作だからこそ体感できる特別な感覚ではないだろうか? もっとかわいらしいのはないかという方には「ビューティフル塊魂」。誰か友人や恋人と遊んでも“転がして大きくする”という単純な目的と、独特の世界観にすぐに夢中になること請け合いだ。また、旅行に出かける方も出かけられないという方も、「PGR 4 - プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -」で世界旅行気分を味わってもいい。Xbox LIVEパークでは年末に、ユーザー参加イベントも開催しているのでそちらに参加してみても面白いのではないだろうか?

 最後にプレイステーション 3。最近、注目度が高いゴルフを手軽に遊べる定番ゲームとして「みんなのGOLF 5」は押さえたい。11月11日に現行PS3が値下げされ、40GバイトのHDDを搭載した新型プレイステーション 3(CECHH00シリーズ)が発売されるや、販売出荷台数が順調に推移しているとのこと。「+D QUICK POLL」では現在、「今年のボーナスで購入するのはどのハード?」というアンケートを取っているが、13日現在ではPS3がリードしている。ソフトもそろいはじめ、値段も手が届くようになったとあって、この冬ボーナスで購入を検討している方も多いのだろう。

 さて、PS3にだって寒い冬をさらに寒くするホラーが存在する。それが「忌火起草」だ。映画化も決定した本作は、東京ジョイポリスのアトラクション「忌火起草 胎動編」としても稼働している。お台場に買い物の際に、立ち寄ってもいいだろう。また、変わり種では、トレーディングカードの世界を具現化した「THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION 〜機神の叛乱〜 SET.1」も忘れてはならない。PS3のスペックを体感するのであれば、「Heavenly Sword 〜ヘブンリーソード〜」という選択肢もある。

 ほかにアクションといえば、Xbox 360/PS3とマルチプラットフォーム展開をしている「真・三國無双5」は外せない。がらりと今回から雰囲気を変えたキャラクターやアクションを堪能しつつ、悠久の歴史に想いをはせる冬休みというはどうだろうか。

 今回は家でじっくり腰を据えて遊ぶゲームに限定してお届けしてみた。次回は、なにかと外に出かける方にオススメする携帯ゲーム機を特集する。きっとこちらも冒険や謎やスリルが待っているはず!

Wii

「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」

Wiiザッパーで群がるゾンビを狙い撃ち 2人プレイも熱い“バイオ”の追体験

11月15日に発売予定のWii用ソフト「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」を一足早く体験してきました。Wiiザッパーでゾンビを撃ちまくり、歴代「バイオハザード」を追体験できる待望の“バイオ”新作は、2人プレイも熱いガンシューティングですよ!


「ゴースト・スカッド」

痛快。爽快。大爆笑。Wiiザッパー握って浮き世の憂さを吹き飛ばせ

国連が秘かに設置した特殊部隊と凶悪なテロリスト軍団の戦い……なんて小難しいは設定は忘れてしまえ。ここにあるのは、どこまでもアメリカンで、素敵にファンキーで、とてつもなくシリーなエンターテイメント。ビールかコークハイでも飲みながら、さあ、Let's Shoot!!


「機動戦士ガンダム MS戦線0079」

激戦の一年戦争地上戦をWiiリモコン振り回して生き延びろ!

「機動戦士ガンダム MS戦線0079」は、Wii用ソフトとして初となるリアルガンダム作品。舞台はもちろん一年戦争で、Wiiリモコンを使った直感的操作はこれまでのコクピットビュータイプのガンダムゲームに新風を起こすことは間違いなし。キミは激しい攻防が繰り広げられる地上戦を、Wiiリモコンを手に生き延びることができるか!?(2007/8/30)


「スーパーマリオギャラクシー」

ジャンプとスピンで銀河を渡るWiiのマリオは、やみつきになる面白さ

今度のマリオは銀河を飛びまわり、得意のジャンプアクションでさまざまなギャラクシーに挑む。極上のアクションを堪能できるこの冬イチオシのゲーム、それが「スーパーマリオギャラクシー」なのです!


Xbox 360

「Halo 3」

Xbox 360の真打ちタイトル「Halo 3」ついに登場、そしてシリーズ完結へ

全世界が待ちわびた、FPS(一人称視点のシューティングゲーム)最高傑作「Halo 3」がついにリリース。その魅力とは? 特にネットワークプレイを重点的に紹介する。


「エースコンバット6 解放への戦火」

透き通るかのような青空で、天使とダンスを踊ってきました

戦闘機を操ってドッグファイトを楽しむ「エースコンバット」シリーズ最新作がXbox 360にて登場、どの辺が進化したのかを確かめてきました。


「ビューティフル塊魂」

王子ヨ ビューティホーナ世界デ 塊ヲ転ガシマクッテクダサイ

Xbox 360で「塊魂」最新作が登場! その名も「ビューティフル塊魂」。シリーズおなじみの王様が王子がビューティホーになって帰ってきた。転がせ、塊。燃やせ、魂。あのテイストはそのままに、さらに楽しくなった「塊魂」の世界を存分にご堪能あれ。


「PGR 4 - プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -」

旅行する時間がないので、「PGR4」で世界一周気分を味わってみた

Xbox 360を代表するレースゲーム「PGR 4 - プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -」。シリーズ最新作が発売されて数日――コースである街の作り込みがハンパない本作を使って、観光気分でレースを楽しんでみました。


プレイステーション 3

「みんなのGOLF 5」

爽快感と清涼感が絶妙にブレンドされた定番ゴルフゲーム最新作

まばゆい太陽、降りしきる雨、あかね色に暮れていく空。木々の揺らめきが風の存在を教えてくれ、遠く霞む水平線やはるかに臨む山々が心を和ませてくれる。確かに感じる大自然の息吹。その中を美しい弧を描いて飛んでいくボール。ここにはプレイステーション 3なればこそ可能になったエモーショナルな世界がある。


「忌火起草」

「アナタハ……ダレ……」――振り向くことすらおののく、Blu-rayノベル

昨年「かまいたちの夜×3」でシリーズにひとつの区切りをつけた、チュンソフトのサウンドノベルシリーズ。しかし「忌火起草」がリリースされると、東京ゲームショウ2007をはじめ各所で大きな話題を呼んできた。この新作、何がここまで我々をワクワクさせてくれるのか。


「Heavenly Sword 〜ヘブンリーソード〜」

まず攻めさせろ。受け身に立ってこそ真髄が分かる異色アクション

圧倒的な数で襲いかかってくる敵軍。迎え撃つは深紅の髪をなびかせた女剣士。いざ豪快無双の活劇が始まる……と思いがちだが、ちょっと待った。ここにあるのは、リアル志向で、それゆえに華麗な一対多数の戦い。遮二無二に攻めまくるだけがアクションではない。


「THE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION 〜機神の叛乱〜 SET.1」

カードをかざせばモンスターが現れる――次世代トレーディングカードゲーム始動

カードのモンスターが画面の中で浮かび上がり、生き生きと動き出す――そんなゲームファンの夢をかなえた次世代トレーディングカードゲーム「THE EYE OF JUDGMENT」がついに始動。誰もが驚いたインタフェースもさることながら、単純ながら奥の深いゲーム性にトレーディングカードゲームの未来が垣間見える。


マルチプラットフォーム

「真・三國無双5」

大きくイメージチェンジした「真・三國無双5」――無双シリーズは新たな時代に突入

無双シリーズ最新作の「真・三國無双5」が、11月12日にPS3とXbox 360で同時発売された。大きく進化を遂げた新しい「真・三國無双」は、どのように生まれ変わったのか。じっくり遊んで調べてみました。


[ITmedia +D Games取材班,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping