ニュース
2007年12月13日 15時50分 更新

マイクロソフト、「XNA Game Studio 2.0」の提供を開始

 マイクロソフトは、Xbox 360およびWindows向けのゲーム開発プラットフォーム「XNA Game Studio 2.0」の提供を、米国太平洋標準時の12月13日早朝(日本時間では12月13日深夜)から開始する。ただし現在は英語版のみで、日本語版の配信時期は後日発表される予定。

 今回提供された最新バージョンは、「XNA Game Studio Express」をベースとしており、Xbox LIVE やGames for Windows - LIVEを使用して、Xbox 360とWindowsに対応したクロス プラットフォームのオンラインのマルチプレーヤー ゲームを開発することができる。

 「XNA Game Studio Express」からは15以上の新機能を追加。LIVEの持つ機能の大半に対応しており、プレーヤーの場所やインターネットの接続状況に基づいて最適な対戦相手を検索するマッチメイキング機能など、LIVEを使用した各種機能の実装に必要なコーディング作業を、最小限またはゼロに抑えることができる、と同社。さらに「XNA Game Studio 2.0」は、Microsoft Visual Studio 2005製品の全バージョンを使用したゲーム開発に完全対応する。

 またこれと合わせて、正規の学生や教職員を対象に、「XNA クリエイターズ クラブ」のアカデミック トライアル メンバーシップ制度が開始されることも発表された。これは2008年1月より、「XNA クリエイターズ クラブ」ライセンスを教職員や学生に対して無償提供するというもの。これにより、教職員や学生は、「XNA Game Studio 2.0」によるXbox 360用のゲームを、教育目的であれば無償で開発できるようになる。詳細については後日発表されるとのことだ。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping