ニュース
2007年12月17日 12時42分 更新

ライブやゲーム大会とイベント盛りだくさん!「ゲームポットフェスタ2007」

オンラインゲームメーカーのゲームポットは、同社単独イベント「ゲームポットフェスタ2007」を12月16日に開催。会場となったパシフィコ横浜には、多くのユーザーが集まりイベントに参加した。
wk_071217pot01.jpg

 ゲームポットは12月16日、単独イベント「ゲームポットフェスタ2007」をパシフィコ横浜・展示ホールにて開催した。

 ゲームメーカー主催のイベントといえば、「東京ゲームショウ」のようなさまざまなゲームの試遊台を用意する展示イベントが主流だが、「ゲームポットフェスタ2007」は会場内に3つの特設ステージを設置し、それぞれで同社が提供しているオンラインゲームのライブなど、ステージイベントを終日実施するという形式となっていた。

 ゲーム大会も行われたが、こちらに関しても事前に実施された予選大会の上位入賞者のみが参加する決勝大会のみだったため、一般来場者は基本的にステージの観覧を楽しむというゲームイベントとしては一風変わったものとなった。新情報の発表を中心に、各ステージイベントの様子をお伝えしていく。

wk_071217pot02.jpgwk_071217pot03.jpg イベントでは個数限定のレアグッズも販売されたため、開場前には行列ができていた。また、来場者には「ファンタジーアース ゼロ」や「スカッとゴルフ パンヤ」のゲーム内アイテムがもらえる限定カードなどがもれなくプレゼントされた

「モンスターファームオンライン」ステージ

 12月21日よりクローズドβテストがスタート予定のMMORPG「モンスターファームオンライン」のステージでは、ゲームとのコラボレーションが決定しているアーティスト・長瀬実夕さんによるライブを実施。「Key〜夢から覚めて〜」などの楽曲を披露した。

 さらに会場ではコラボレーション企画の内容が明らかに。発表によると、彼女の1stアルバム「Gateway to Tomorrow」を利用して「モンスターファームオンライン」内でモンスターを作り出すと、長瀬さんをイメージしたオリジナルモンスター“ミュー”が誕生するという。

wk_071217pot04.jpg 「モンスターファームオンライン」とのコラボを行う長瀬実夕さんが、会場で生ライブ
wk_071217pot05.jpg こちらが長瀬さんをイメージしたというレアモンスター“ミュー”。音符をモチーフにした羽が特徴的な、音色の妖精という印象だ

 「モンスターファームオンライン」ステージではサプライズゲストとして、なんとアイドルの矢口真里さんも登場した。矢口さんは大のゲーム好きということで、クローズドβテスト前の「モンスターファームオンライン」をいち早くプレイ。「モンスターファーム」シリーズを遊ぶのは初めての様子で、DVDやCDを再生することで自分のモンスターが誕生するという本シリーズの醍醐味を体験した。生み出されたモンスターに「かわいいー!!」と歓声を上げつつ、「自分のDVDとかからモンスターが出てくるのは面白いですねー」と感想を語っていた。

wk_071217pot06.jpg 矢口真里さんのDVDから誕生したモンスターはカボチャのような姿の“パンチョ”。「ちっちゃいのはやっぱり私のDVDだからですかねー」とするどく突っ込んでいた

 「モンスターファームオンライン」のクローズドβテストの参加募集は本日12月17日24:00までだが、もしテスターの抽選に外れてしまっても、セカンドチャンスとしてテスト実施中に公式サイトでくじを引き、当たった人は1日限定でゲームをプレイできる救済措置も用意されるとのこと。クローズドβテスターにはゲーム内アイテムがプレゼントされるので、本作をプレイ予定の人はぜひテストに参加しておきたい。

「疾走、ヤンキー魂。」ステージ

wk_071217pot07.jpg スクウェア・エニックスのプロデューサー・安藤武博氏(左)と開発を担当するシークアーツのディレクター・石渡大助氏

 「疾走、ヤンキー魂。」のステージイベントには、プロデューサー・安藤武博氏と開発ディレクター・石渡大助氏が登場。鋭意開発中のつっぱりネットゲームだけに、現在の開発進捗状況を中心に情報が公開された。

 以前サービス提供された第一期「疾走、ヤンキー魂。」と現在開発中の第二期の最大の違いは、なんといってもバトルシステムだ。前作のバトルは単車に乗って行うコマンド選択式のレースだったが、新たな「疾走、ヤンキー魂。」のバトルはストレートに“喧嘩”。会場での話によると、マウスの左クリックでジャブやストレートといった攻撃、右クリックでガードという前作と比較してアクション性が高いシステムとなっているようだ。

 オシャレ要素もパワーアップしており、ネックレスや指輪といったアクセサリーも追加。さらに武器を持つことで、素手以外の攻撃も行えるようになる。

 そしてイベントでは、「疾走、ヤンキー魂。」のサービス開始時期について2008年春との発表も。安藤氏は2008年4月にクローズドβテスト、5月にオープンβテスト、5月23日に正式サービス開始というスケジュールを組んでいるが、これはあくまで予定なので「公式には“春”ということで勘弁してください」とのこと。

wk_071217pot08.jpgwk_071217pot09.jpg グラフィックが3Dになったことで、細かい動きも作りこまれている第二期「疾走、ヤンキー魂。」。安藤氏いわく、「レディースもちょっとだけかわいくなっている」とのこと
wk_071217pot10.jpg 前作で登場したキャラクターたちはボスのような存在になるという

 また、「疾走、ヤンキー魂。」のテーマソングを歌うことが決定している串田アキラ氏によるライブも実施。テーマソングは現在公式サイトにて歌詞を募集中ということでまだできていないが、会場では「キン肉マン Go Fight!」、「ジライヤ」、「疾風ザブングル」、「機動刑事ジバン」、「宇宙刑事ギャバン」、「太陽戦隊サンバルカン」と、特定の世代にとってクリティカルヒットなラインアップを熱唱。“伝説の歌唱戦士”というふたつ名にふさわしい活躍を見せてくれた。

wk_071217pot11.jpgwk_071217pot12.jpg 熱いステージとなった串田アキラ氏のライブ。「富士サファリパーク」のCMソングといった変わり種も披露した

「トキメキファンタジー ラテール」ステージ

 「トキメキファンタジー ラテール」ステージのメインとなったのは、イメージソングを歌う榊原ゆいさんのライブ。サンタをイメージしたかわいらしい衣装で登場した榊原さんは、本作のイメージソング「Girl meets Boys」を初披露した。「トキメキファンタジー ラテール」には女性ユーザーが多いということを聞き、女の子らしい可愛い曲に仕上げたとのことだ。

 さらなるコラボ企画として、榊原さんは12月24日に行われるゲーム内イベントにも登場する予定。翌25日にはWebラジオもスタートするとのことなので、ファンは楽しみにしておこう。


 この他のステージイベントとしては、「ファンタジーアース ゼロ」や「スカッとゴルフ パンヤ」、「Level-R」の優勝賞金100万円を賭けた全国決勝大会が実施。中でも「ファンタジーアース ゼロ」と「スカッとゴルフ パンヤ」の試合には全国トップクラスのプレイヤーたちによる対戦を一目見ようと、ユーザーが集まり立ち見している来場者も多くみられた。

wk_071217pot16.jpg 「スカッとゴルフ パンヤ」の決勝大会は、スーパーショット、ミラクルショットの連発。その中で、「White Wiz(ホワイトウィズ)」、「Wiz Wiz(ウィズウィズ)」の2コースで安定した実力を見せた“がん太”氏が2コース合計−62(PP14716)という成績で見事優勝した
wk_071217pot17.jpgwk_071217pot18.jpg 会場内には、来場者が自由に使える掲示板やプレゼントが当たる巨大クロスワードパズルといいたコーナーも用意されていた

[眞鍋航希,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping