トップ10
2007年12月19日 18時54分 更新

ゲームとともにどこまでも

この冬遊びたいゲームに注目が集まる今回のランキング。今年の冬はゲーム持ってどこに行きますか? でも、忘れてはいけないことがあるのですが……。

 今年の冬、どんなゲームで遊びたいですか? ゆっくり腰をすえて遊ぶ人がいれば、遠方に出かけるお供として携帯ゲーム機がかかせないという人も多いことでしょう。正月休みに帰省や旅行で、飛行機を利用する方は注意が必要です。

 今年の10月、国土交通省の告示で、運航システムの誤作動を避けるためにニンテンドーDSやPSPなどの「電子ゲーム機の無線通信機能」の機内での使用が禁止されました。離発着時の使用は以前から禁止されていましたが、意外とこの事実を知らない方も多いようです。機内や空港内でも注意を呼びかけていますが、無線通信機能を立ち上げたままでの搭乗がないよう、十分注意してください。

 しかし、あくまでも無線通信機能が禁止されているということであって、シートベルトのサインが消えればゲームそのものは遊ぶことができます。当然、無線通信機能がオフになっているかをご確認のこと。任天堂の公式サイトなどでも注意を呼びかけていますので、そちらも確認してみてください。

 今年も多くの方が正月休みを利用して海外へ出かけられることと思いますが、ゲームソフトが旅行に役にたっている場面も多くなりました。ニンテンドーDSでは、スクウェア・エニックスが展開する「地球の歩き方DS」シリーズをはじめ、任天堂の「旅の指さし会話帳DS」シリーズや、PSPでは「TALKMAN」シリーズが挙げられます。

 「地球の歩き方DS」では今年の夏からエイチ・アイ・エスとコラボして「DSで地球を歩こう スペシャルツアー」を共同開発し発売しています。実際、体験した方も多いことでしょう。また、海外では苦労する言葉の問題も、「旅の指さし会話帳DS」や「TALKMAN」シリーズが各言語に対応しており、利用する機会も増えてきました。

 ガイドブックや会話帳を持って歩くのも旅の醍醐味ですが、今年は携帯ゲーム機を持って、移動中の暇つぶしはもちろんのこと、街では便利なガイドブック代わりに、お店では値段交渉に挑戦してみてはいかがでしょうか? 現地の人たちにウケます(でも盗難には注意)。

 なお、ゲーム機は使用しつづけると当然、充電が必要になります。充電をしなければただ邪魔な物体でしかなくなりますので、ACアダプターや各国のコンセントに対応するプラグを持参することをオススメします。

 ちなみに、筆者は以前、PSP用ソフト「プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブル」を持って海外に出かけ、「PSP用GPSレシーバー」を利用し、まさにその地での星空の移り変わりを確認したことがあります。見上げると一面の星空、目線を下ろすとPSPにまったく同じ星空が広がっているのが妙に感動したものです。

 今年の冬、ゲームといっしょに出かけてみてはいかがでしょうか?

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping