ニュース
2008年01月08日 15時00分 更新

謎を求めて――「魔人探偵脳噛ネウロ ネウロと弥子の美食三昧 推理つき グルメ&ミステリー」

ネウロと弥子がゲームとなった。週刊少年ジャンプで連載中の「魔人探偵脳噛ネウロ」がニンテンドーDSでゲーム化。今度の謎はどんな味?
wk_080108neuro01.jpg

 マーベラスエンターテイメントは、週刊少年ジャンプで連載中の「魔人探偵脳噛ネウロ」をニンテンドーDS用ソフトとして発売すると発表した。

 「魔人探偵脳噛ネウロ」は、昨年10月から日本テレビ系でアニメ化放映されている人気作で、コミックスが現在13巻まで発売されている松井優征氏のデビュー作。主人公は魔界の「謎」をすべて喰いつくし、さらなる究極の「謎」を求めて人間界にやってきた魔人・脳噛(のうがみ)ネウロ。自身の身代わりに女子高生の弥子を探偵に仕立て上げながら、魔界の道具を使って次々と難事件を解決することで「謎」を喰い尽していく。


wk_080108neuro02.jpg

 ゲームでは、原作の世界観を極力再現し、ネウロが使用する魔界777ツ能力を駆使して「謎」を追う魔界(イビル)アドベンチャーとなる。ニンテンドーDS本体を万能操作アイテム「魔界端末(イビルスクリーン)」として操作。プレーヤーは、女子高生探偵・桂木弥子となり、ネウロとともに数々の「謎」に挑む。

 それにしても、サブタイトルの「ネウロと弥子の美食三昧」とはこれいかに。ネウロは謎を、弥子は腹を満たすために美食の限りを尽くすというのか? 推理はあくまでも“おまけ”という位置づけなのも、まさに原作のスタンスそのものだ。

ゲームストーリー

殺人事件の被害者となってしまった弥子の友人。

密室に残されたふたつの死体の「謎」。

やがて事件は解決を迎えるが、それはさらなる事件の始まりに過ぎなかった……。


wk_080108neuro03.jpgwk_080108neuro04.jpgwk_080108neuro05.jpg

wk_080108neuro06.jpg イビルスクリーン
wk_080108neuro07.jpg いつもの(?)DVも!
wk_080108neuro08.jpg ミニゲームも

wk_080108neuro09.jpg 弥子のグルメブログといったお楽しみ要素も満載
wk_080108neuro10.jpg 脳噛ネウロ(CV:子安武人)
wk_080108neuro11.jpg 桂木弥子(CV:植田佳奈)
「魔人探偵脳噛ネウロ ネウロと弥子の美食三昧 推理つき グルメ&ミステリー」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンル魔界アドベンチャー(イビルアドベンチャー)
発売日未定
価格未定
(C)松井優征/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ
(C)Marvelous Entertainment Inc.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping