ニュース
2008年01月21日 20時13分 更新

「魔階シナガワ神殿騎士廟」と「騎乗システム」を実装――「女神転生IMAGINE」冬の大型アップデート

 ケイブは、オンラインRPG「女神転生IMAGINE」冬の大型アップデート第2弾を1月24日メンテナンス時に実施する。本アップデートでは、新ダンジョン「魔階シナガワ神殿騎士廟」と「騎乗システム」を実装する。

 「魔階シナガワ神殿騎士廟」は、LAW聖地の地下に建設された殉教したテンプルナイトを埋葬する地下巨大墓地で、シナガワ初のダンジョン。建設当初から、埋葬した遺体を天使が見守っている。しかし、非業の死を遂げた魂の無念の想いが神殿騎士廟をさまざまな悪魔が出現する魔階へと変えたという。

 この新ダンジョンでは、中級者レベルのデビルバスターを中心に難易度が設定されており、ここでしか手に入らないアイテムの拾得、そして、条件によって出現する交渉可能な新悪魔も実装される。

photophotophoto 魔階シナガワ神殿騎士廟

 「騎乗システム」は、特定の悪魔を仲魔にすることで仲魔の背に乗ることができるシステムのこと。仲魔に騎乗するには、騎乗可能な悪魔を仲魔にし、この悪魔と対となるアイテムが必要となる。騎乗中は移動速度が上昇し、悪魔から攻撃を受けることがない。また、騎乗中にマップ上で行き先をクリックすることで、自動で目的地へ到着することができるオートランシステムが導入され、マップ間を行き来する移動手段に適している。

photophoto 騎乗システム
photo オートランシステム

関連キーワード

女神転生 | ケイブ | オンラインゲーム | RPG


© ATLUS
© CAVE


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping