ニュース
2008年01月29日 17時44分 更新

ゲームポータル「MK-STYLE」から個人情報1万4000件流出

ゲームポータル「MK-STYLE」から、ユーザーのメールアドレスやパスワードなど個人情報1万4362件が流出した。不正アクセスが原因という。

 シーアンドシーメディアは1月28日、同社が運営するゲームポータル「MK-STYLE」から、ユーザーのメールアドレスやパスワードなど個人情報1万4362件が流出したと発表した。不正アクセスが原因という。

 流出したのは、メールアドレス、アカウントID、パスワード、年齢。流出したIDを悪用してアバターやアイテムのデータを改ざんするといった被害の報告もユーザーから約500件あった。同社はクレジットカード情報は保持していないため、カード情報の流出はないとしている。

 昨年12月中旬、海外からの不正アクセスの可能性がユーザーからの問い合わせで判明。調査した結果、昨年から今年1月27日までに少なくとも数回、外部から不正アクセスがあり、うち1回は個人情報が流出していた跡が見つかったため、警察に届け出たという。

 対策として、1月24日から外部のセキュリティ企業による監視を導入。26日からは認証システムを強化した。今後はサーバシステムの改修やハッキング対策強化などを行っていく。

 同社は事実解明に時間がかかったことを謝罪。ユーザーへの補償を検討し、後日告知するとしている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping