ニュース
2008年01月30日 15時00分 更新

G-Tune、“モンスターハンター フロンティア”推奨モデルを一新

マウスコンピューターは、オンラインRPG「モンスターハンター フロンティア オンライン」推奨となるデスクトップPC/ノートPC計4モデルを発表した。

 マウスコンピューターは1月30日、オンラインRPG「モンスターハンター フロンティア オンライン」推奨となるデスクトップPC「NEXTGEAR L500E6-MH」「同 L500X6-MH」「LITTLEGEAR L300S5-MH」、ノートPC「NEXTGEAR-NOTE M510WSV5-MH」の計4製品を“G-Tune”ブランドより発表、本日15時より受注を開始する。いずれもBTOカスタマイズに対応、標準構成価格はNEXTGEAR L500E6-MHが11万9910円、同 L500X6-MHが14万4900円、LITTLEGEAR L300S5-MHが9万9750円、NEXTGEAR-NOTE M510WSV5-MHが15万9810円(いずれも税込み)。

photophotophoto 左からNEXTGEAR L500E6-MH/同 L500X6-MH、LITTLEGEAR L300S5-MH、NEXTGEAR-NOTE M510WSV5-MH

 新たに発表となった4製品は、いずれも45ナノメートルプロセス採用の“Penryn”コアCPUを搭載しスペックを強化したのが特徴。また、購入特典として「モンスターハンター フロンティア オンライン」のピクチャーレーベル仕様インストールディスクが付属するほか、ゲーム内で利用できるクエストコードなどが添付されている。OSはいずれもWindows XP Home Editionだ。

 ミニタワー筐体採用のLITTLEGEAR L300S5-MHは、CPUがCore 2 Duo E8200(2.66GHz)、メモリがDDR2 2Gバイト、HDDが160Gバイト、グラフィックスカードがGeForce 8600 GTを装備する。

 ミドルタワーモデルのNEXTGEAR L500E6-MH/L500X6-MHは、それぞれCPUがCore 2 Duo E8400(3.0GHz)/同 E8500(3.16GHz)。メモリはDDR2 2Gバイト、HDDは250Gバイト/320Gバイト、グラフィックスカードは8600GT/8800GTを搭載した。

 ノートPCモデルのNEXTGEAR-NOTE M510WSV5-MHは、1280×800ドット表示対応の15.4インチ光沢ワイド液晶を内蔵するモデルで、CPUはCore 2 Duo T9300(2.5GHz)。メモリはDDR2 2Gバイト、HDDは160Gバイト、グラフィックスコアはGeForce 8600M GSを利用可能だ。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping