ニュース
2008年02月15日 16時28分 更新

「三国志豪傑伝」、24時間限定で「巫山峡谷戦」テストを実施

 ゲームヤロウは、オンラインゲーム「三国志豪傑伝」において、大規模戦闘システム「巫山峡谷戦」のテストを、2月22日午後9時〜午後10時に実施すると発表した。

 巫山峡谷戦は、三国志に登場する有名な“赤壁の戦い”をモチーフにした大規模戦闘システム。戦いの舞台となる巫山峡谷マップは、通常釣り場として公開されているが、巫山峡谷戦実施中は、国家間での対人戦が繰り広げられる戦場に変わる。

photophotophotophoto 巫山峡谷戦

 参加対象者はキャラクターレベル21以上のキャラクター。各国の2次マップにいるNPCの雑貨商人から購入可能な「巫山峡谷図」(価格金100)を購入し使用することで巫山峡谷マップに移動し、参加することができる。

 巫山峡谷戦のメリットは、巫山峡谷戦の戦闘中に敵国のプレイヤーを倒すことで“業績”や、“首級”といったアイテムを獲得できる点。“業績”を貯めることで、軍団(クラン)内で団員のステータスを強化する陣形を覚えるための“陣法書”や、装備品の強化アイテムの購入が可能。また、“首級”は通常では入手できない特殊なアイテムの合成に利用できる。これらの“業績”や“首級”は、大規模戦闘でしか手に入らない。業績を消費せずに貯めると、キャラクターに特殊なエフェクトが自動的にかかる。

 巫山峡谷戦のテストに先立ち、より多くのユーザーがテスト参加できるよう、レベル1〜20のキャラクターを対象とした経験値アップイベント「底上げの令」を、2月16日午後7時〜2月17日午後7時まで実施する。

 イベント期間中は、敵キャラクターを倒した際に取得できる経験値が通常時の1.5倍となる。この機会にレベル21を目指してレベルアップをはかろう。

COPYRIGHT (C)2007 GAME YAROU Inc. ALL RIGHT RESERVED


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping