ニュース
2008年03月10日 19時15分 更新

新たな“亜種”の存在が明らかに――「モンスターハンターポータブル 2nd G」

「モンスターハンター」シリーズには、通常のモンスターとは体色の異なる亜種が存在する。今回は「モンスターハンターポータブル 2nd G」で初登場となる「ドドブランゴ」「ショウグンギザミ」「ババコンガ」の亜種を紹介する。

 「モンスターハンター」シリーズには、通常のモンスター(以下、通常種)とは別に、体色の異なる亜種が存在する。3月27日に発売予定のPSP用ソフト「モンスターハンターポータブル 2nd G」(以下、MHP2G)も例外ではなく、これまでよりも多くの亜種が登場する。今回は「ダイミョウザザミ」に続き、MHP2Gで初登場となる「ドドブランゴ」「ショウグンギザミ」「ババコンガ」の亜種を紹介していこう。

 通常種と亜種でははぎ取れる素材が異なるだけに、亜種の存在は武器や防具が増えることを意味する。公開された写真からではそういったことを読み取るのは難しいが、どんな武具が追加されるのか? 想像して楽しんでもらえればと思う。

ドドブランゴ亜種

photo 極寒の雪山から灼熱(しゃくねつ)の砂漠に生息地を変えたドドブランゴの亜種。ただし、周囲にある巨大な岩を投げつけたり、強靱(きょうじん)な前脚で砂をかき分けて砂中を移動するなど、攻撃方法に大きな変化はないようだ

photophotophoto

photophoto

ショウグンギザミ亜種

photo グラビモス亜種の頭殻を背負ったショウグンギザミの亜種。通常種と異なる点は、水ブレスを地上からも仕掛けてくることだろう。鋭い爪による斬撃も健在だ

photophotophoto

photophoto

ババコンガ亜種

photo 樹海や旧密林などをテリトリーにするババコンガの亜種。一部アイテムを使用不可にする放屁攻撃やフン攻撃、大きなお腹を使ったフライングボディプレスは強烈のひと言。とは言え、写真からは通常種と異なる点は見当たらない

photophoto

photophoto

(C)CAPCOM CO., LTD, 2007, 2008 ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のものです。


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping