ニュース
2008年03月17日 17時30分 更新

キレないカンニング竹山&オチないダンディ坂野が登場した「無限回廊」イベント

PSPソフト「無限回廊」が発売されるのを記念して、カンニング竹山さんやダンディ坂野さんなどのお笑い芸人が集まってスペシャルイベントを開催。チームに分かれての対戦も行われたが、その結果はいかに?

 ソニー・コンピュータエンタテインメントから3月19日に発売されるPSPソフト「無限回廊」。本作は“錯覚”や“錯視”を利用して遊ぶパズルゲームだ。本日はこの発売を記念したスペシャルイベントが、ソニー・コンピュータエンタテインメントで開催された。

 イベントにはカンニング竹山さんやダンディ板野さん、飛石連休、さくらんぼブービー、ぼれろ、ロリィタ族、フィフティーカーニバルといったお笑い芸人が集合。本作を紹介するとともに、チームに分かれての対戦も行われた。

画像

 「無限回廊」では、主観的移動、主観的存在、主観的不在、主観的着地、主観的跳躍という5つの法則を駆使してパズルを解いていくことになる。道が切れているところを、回転させると切れていないように見える。また穴から落ちてしまうように見えるところも、回転させて見ると着地できる。このパズルは、こういった錯視を利用して解いていくところから、最近キレないという竹山さんと、いつまでもオチないダンディ板野さんが登場することになったとか。

画像 カンニング竹山さん
画像 ダンディ坂野さんは意味不明な土俵入りで登場

 チーム戦では、竹山さんと坂野さんのチームに分かれて対決。勝利したチームには10ポイントが与えられる。対戦はというと、みんなでのチームプレイで盛り上がっていた竹山チームはまず1勝。そして次の対戦では、ダンディ坂野チームがプロデューサーの鈴木達也氏を巻き込んで勝利したものの、ルール違反とみなされて竹山チームの勝利に。ここで20対0になるも、最後のリーダー戦は、勝者に1000ポイントが与えられるというお約束な展開に。何もできなかった竹山さんに対して、坂野さんは着実にエコーを通過して勝利し、最終的にはダンディ坂野チームの勝利となった。

画像画像 本作のプロデューサーである鈴木達也氏がゲームの概要を説明

画像 意外と白熱したチーム戦
画像 鈴木プロデューサーがプレイするも、反則に

画像画像 結果はダンディ坂野チームが勝利

 勝者には「新ネタ披露」という機会が与えられたが、若手を押さえて坂野さんが新ネタを披露。おなじみの“ゲッツ”に“リバース”や“無限回廊ターン”を組み合わせたものだったが、やっぱりオチなかった。

 「最近はPSPを持っている芸人も増えまして、待ち時間などによくプレイしますよ」という竹山さん。「飽きずに楽しめそうなので、これからはいつもプレイします」と語っていた。

画像

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping