ニュース
2008年03月17日 19時55分 更新

摩天楼を築き上げよ――「The Tower DS」

デジトイズは、ニンテンドーDS用高層ビル経営シミュレーションゲーム「The Tower DS」を6月26日に発売する。価格は4800円(税込)。より高く、より暮らしやすく。
wk_080317bill01.jpg

 デジトイズは、ニンテンドーDS用高層ビル経営シミュレーションゲーム「The Tower DS」を6月26日に発売する。価格は4800円(税込)。デジトイズは、ビバリウムと元気の2社が出資したパブリッシャーで、本作がその第1弾ソフトとなる。

 「The Tower DS」は、1993年に発売された「The Tower」シリーズの最新作で、プレイヤーはビルを建設し、そこに暮らす人々の生活を垣間見ながらビルを発展させてゆくシミュレーションゲームとなっている。

 ビルを建設して内部にさまざまなテナントを設置することで、住人が集まってくる。ビルで生活する住人のテナント料や売り上げを使って、さらに増築をしていき、巨大なビルを作っていくことを目的としている。

 しかし、ただ増築すればいいかといえば、そうでもない。住人たちはエレベーターで待たされたり、施設が利用できなかったりすることで、徐々にストレスをため、限界に達すると出て行ってしまう。住人の不満に耳を傾け、解消していくことがビルの運営を円滑に行うキモなのだ。

 プレイヤーがビルを建てる場所によって難易度も変わってくる本作。どの場所に建てるべきなのか。どうビルを拡張していくのか。エレベーターは? 清掃は? 犯罪や災害にどう対応するべきか? 高層ビルに成長していくにつれ、問題は山積していく。マンションやホテルなど、その種類によって計画は変わってくる。プレイヤーの才覚次第で、ビルは天をも貫くというが……?


wk_080317bill02.jpgwk_080317bill03.jpgwk_080317bill04.jpg ビルの拡張や、エレベーターの設置などは、タッチペンで操作可能。トイレ掃除の場合は「こすり」、泥棒を捕まえる時は、泥棒を「タッチ」することで対処できる。このほかに火災イベントでは、本体のマイクにむかって息を吹きかけて火災を消火するなど、ニンテンドーDSの機能を存分に使用している

wk_080317bill05.jpg 高層ビルに成長する本作は、DSの上下2画面でビルの状態を広く確認できる。上画面を全体図に切り替えることも可能
wk_080317bill06.jpg 前作のゲームボーイアドバンス版では2つのビルが建設できたのに対し、本作ではマンションプロジェクト、ホテルプロジェクトを追加し4つのプロジェクトを建設できるようになった
wk_080317bill07.jpg 経営がピンチの時にマリオの姿をしたタワー「マリオタワー」が登場するとのことだが……?
「The Tower DS」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンル高層ビル経営シミュレーションゲーム
発売予定日2008年6月26日
価格(税込)4800円
プレイヤー1人
(C)1993-2008 VIVARIUM
(C)2008 DigiToys
(C)2008 Nintendo

関連キーワード

経営 | ニンテンドーDS | マリオ | 災害


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping