ニュース
2008年03月18日 21時11分 更新

MEGA THEATERで時速2000キロの世界を体験――「アーマード・コア フォーアンサー」完成記念イベント

「アーマード・コア フォーアンサー」の完成を記念して、千葉・舞浜にあるシネマイクスピアリで開催された完成記念イベント。登場したアメリカザリガニの平井善之さんは、META THEATERの巨大スクリーンを、特別に作られた専用機で戦った。果たしてその結果は?

 3月19日に発売されるプレイステーション 3/Xbox 360ソフト「アーマード・コア フォーアンサー」(以下、ACfA)。この完成を記念したイベントが、千葉・舞浜にあるシネマイクスピアリで開催された。シネマイクスピアリはご存じの通りシネコンで、このイベントでは、抽選で選ばれたユーザー50名が集まり、映画館の巨大スクリーン(10×5.4メートル)でのプレイを楽しんだ(関連記事参照)。

 試遊プレイに先立って、お笑い芸人であるアメリカザリガニのお2人と、軍事評論家の岡部いさく氏、本作のプロデューサーである鍋島俊文氏の4人によるトークセッションが開催された。ちなみにアメリカザリガニの平井善之さんはゲームが大好きで有名だが、「アーマード・コア」シリーズについても、プレイステーション版の第1作からプレイしているという、本作のファンにはおなじみの人だ。岡部さんも同じくシリーズ初代からのファンで、「AC軍事評論家」という肩書きも持つ。

画像 左からアメリカザリガニ・柳原哲也さん、同・平井善之さん、岡部いさくさん、鍋島俊文プロデューサー

 岡部さんは「いまこそ『AC軍事評論家』ですが、昔は“レイヴン”でした。一応クリアしましたけど、多分レイヴンの酒場に行くと、地雷伍長に酒を盛られて説教を食らうのでは」という濃い話からスタート。「本作ではシンプル操作があるんで、運動神経のないわたしでも楽しめるかな。でも過酷なミッションに挑む勇気があるかどうかですね」(岡部さん)。

 本作には全長数キロの巨大兵器が登場するのだが、この理由について鍋島氏は「前作から次世代機でのリリースとなって、すごく広い空間が使えるようになった。ただし前作ではいろいろな制約もあって、その広い空間で何をするのか詰め切れない部分もあった。その答えを実現するのが目標の1つだった」と語る。「広い空間を使った、ものすごいばかでかい敵という単純な回答に行き着いた。でかいやつを入れれば空間が埋まるかなと思ったし、でかい敵に1人で立ち向かっていくという、絵になるシーンを作りたかった」(鍋島氏)。

 その“でかい敵”として登場するのが「アームズフォート」。その1つである「スピリット・オブ・マザーウィル」とくじらやジェット機の比較も示されたが、あまりにも巨大すぎて想像もつかない。岡部氏は「こういう大きなものが歩くなよ、という感じ」と語っていた。

 「『アーマード・コア』は自分で機体をセッティングして攻略するのが楽しみの1つなので」と語る鍋島プロデューサーは、この大きな敵についての攻略法は示さなかったが、「できるだけ早く敵陣に突っ込むために、「ヴァンガード・オーバードブースト」(VOB)が導入されたとのこと。これを付けると時速2000キロの世界に突入できるわけだ。加えて、「オンラインでの協力プレイもできるので、1人でやってたミッションをオンラインで2人プレイも可能です」(鍋島氏)とのことなので、あまり得意でない人は、上級者とのオンラインプレイでクリアするのもありだろう。

 「アームズフォートという強い敵が出てきて、それに対抗するのに新兵器がないのではあまりにも切ないというのが発端だが、“スピード感”をテーマとして作ってきたので、さらに極限を目指そうと思ったのが“時速2000キロ“というキーワード」(鍋島氏)。

画像 くじらやジェット機との比較。「シロナガスクジラがヒルみたい」(柳原さん)
画像 岡島氏が作った図。スピリット・オブ・マザーウィルの射程は200キロあるとのことで、東京から愛知県の豊橋あたりまで射撃できることになる
画像 「VOB」で時速2000キロの世界に。ただし岡部氏によると、時速2000キロ(マッハ1.8程度)を出すためには高度1万メートル以上の、空気が薄いところでないと達成できないとか。「実際には、地上ぎりぎりだとマッハ1(時速1200キロ程度)が限界なので、ゲームの世界で体験してください」(岡部さん)

 ちなみにVOBは対アームズフォート用なので、いつでもどこでも使えるというわけではない。そこで実際に巨大スクリーンでの体験をしてもらおうということになり、アメリカザリガニの平井さんがテストプレイすることになった。

 テスト用として用意されたのはなんと、赤いアメリカザリガニのエンブレムが入った特別機。大喜びでプレイする平井さんだったが、残念ながらプレイ席にあるのはちっちゃいディスプレイで、大画面を見ながらのプレイとはならなかった……。

 そして結果はというと、あまりにも激しい攻撃の前に倒れてしまい、まったく懐には飛び込めなかった。「全長2.4キロですとか、高さが600メートルありますとか“こけおどし”をしているので、そんなぱっとやられるわけには……」と鍋島氏は苦笑。「(さっきの地図でいうと)熱海あたりまでは行けたそうです」(柳原さん)。

画像 平井専用機として用意された、アメリカザリガニのエンブレム入り機体
画像 真剣な顔でプレイする平井さん。「あかんわ。これ」
画像 スピリット・オブ・マザーウィルに挑む平井さんだったが……

 イベントの最後に鍋島氏は、ミッションクリアの秘策について柳原さんから尋ねられると「うーん。今日来てくださった方はシリーズに慣れ親しんだ方だと思うので“いまさら何を言う”と言われてしまうかもしれないけど」と前置きしながら、「アームズフォートについて言うと、これまでのミッションと比べても多彩な攻略の仕方があるし、力押しでもいいし、2人での協力プレイでもいいし、いろいろな戦い方があると思うので、さまざまな方法を試してもらえると我々としては作ったかいがあったかなと思います」と語る。岡部さんは「AC乗りの勇気と技術が試される季節が来ましたねえ。理不尽で過酷なミッションに応えられるだけの勇気が自分にあるのか、その答えはあした出るわけです」とコメント。平井さんは、先ほど倒せなかったのがよっぽど悔しかったのか、「あした買って懐に飛び込みます」と語っていた。

画像画像 タレントの原幹恵さんが花束贈呈に訪れた
画像

アーマード・コア フォーアンサー
対応機種 プレイステーション 3/Xbox 360
メーカー フロム・ソフトウェア
ジャンル ハイスピードメカアクション
発売日 3月19日
価格(税込) 7140円
(C)1997-2007 FromSoftware, Inc. All rights reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping