ニュース
2008年03月24日 20時47分 更新

ズー、「サドンストライク3:アームズ フォー ビクトリー」を発売

photo

 ズーは、リアルタイムストラテジーゲーム「サドンストライク3:アームズ フォー ビクトリー 日本語版」を、4月25日に発売する。価格は8190円。

 「サドンストライク3」では、3Dエンジンを採用。360度の角度からユニットを見ることができる。またAIが完全に作り直され、AIの設定をONにしていると独自の判断で敵を迎撃する。最大8人までのマルチプレイ対戦が可能だ。

シングルミッション

 シングルミッションとして、ノルマンディから始まる連合軍キャンペーン、ソ連のクリミア侵攻を題材としたキャンペーン、ドイツ軍のヨーロッパでのキャンペーン、硫黄島を舞台とした、アメリカ軍の硫黄島の攻撃、日本軍の硫黄島の防衛を収録。与えられたユニットで進攻し、途中に援軍や砲撃支援などを受けながら、目標マップに点在する占領ポイントを制圧していくことでクリアを目指すことになる。

ユニットの補給と給油

 ユニットには「経験」、「ヘルス(体力)」、「第1武器の弾薬」、「第2武器の弾薬」車両などに「燃料」のゲージが存在する。戦車などの車両には前後左右に装甲があり、被弾した場所や壊れた場所の色が変わって表示される。

 ユニットの弾薬や燃料は常に使用すると減り続ける。車両は燃料がなくなるとその場から動くことができない。このような時に必要になってくるのが補給トラックと給油車両。孤立となった部隊は全滅を待つしか手段はなくなってしまう。弾薬や給油場所を占領し、補給路を確保することが「サドンストライク3」では重要となるだろう。

戦略マップの登場

 戦略マップが導入される。自軍は緑、敵軍は赤で表示され、グループ化を行っている部隊には灰色の数字が表示される。戦略マップ上に駆逐艦、戦艦、空母などが停泊しているミッションがある。このようなミッションは停泊している戦艦や空母に攻撃命令を指示することが可能。

海軍が登場

 「サドンストライク3」から上陸船のほかに、戦艦、駆逐艦、空母などのユニットが登場する。戦艦や駆逐艦などは海上から砲撃することができ、支援攻撃を行える。また、空母は航空機を離陸させることが可能。

ボーナスの支援要請

 ボーナスとして、空軍の敵の状態を空から見ることができる偵察機、敵の戦闘機や爆撃機を落とすことのできる戦闘機、敵の重要ポイントを爆撃できる爆撃機の要請やマップ外からの砲撃、戦艦からの砲撃などミッションによってサポートが受けられる。

タイトル サドンストライク3:アームズ フォー ビクトリー日本語版
OS Windows XP/Vista
CPU Pentium4 2.8GHz 以上(推奨 Pentium4 3.2GHz 以上)
メモリー 1.0Gバイト以上(推奨2.0Gバイト以上)
HDD空容量 1.0Gバイト以上
3DグラフィックスカードおよびVRAM DirectX9.0cに対応したVRAM 256Mバイト以上の nVidia GeForce 6600/ATI Radeon 9800以上の3Dグラフィックスカード必須(推奨 VRAM 512MB以上の nVidia GeForce 6800/ATI Radeon X800 以上の3Dグラフィックスカード)
DirectX 9.0c 以上
ドライブ DVD-ROMドライブ必須
サウンド DirectSound 100%互換 サウンドカード
Copyright © 2007 Fireglow Limited. All rights reserved.
Fireglow Games® and Sudden Strike® are registered trademarks of Fireglow Limited.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping