ニュース
2008年03月31日 18時23分 更新

ジジをイメージして歌いました――手嶌葵さんが歌う「夢ねこDS」プロモーション楽曲

セガから4月24日に発売されるDS「夢ねこDS」のプロモーション楽曲に起用された手嶌葵さんにインタビュー。ネコが大好きな手嶌さんは「恋するしっぽ。」をどう歌った?

とてもかわいらしい曲でした

wk_080331neko01.jpg ネコ派な手嶌さんは特に黒ネコが好きなのだとか。いつか飼ってみたいのだそうだ。しかし、実は犬も好きとのこと

 セガが4月24日に発売を予定しているニンテンドーDS用ソフト「夢ねこDS」のプロモーション楽曲に手嶌葵さんが唄う「恋するしっぽ。」が起用させたことは既報のとおり。

 3月31日、東京原宿にあるヤマハミュージックコミュニケーションズの一室をお借りし、手嶌さんにお話をうかがうことができた。手嶌さんは福岡から到着したばかりとのことで、東京の桜が満開なことに感動したのだそうだ。

 「夢ねこDS」は、60種類のネコとの交流が楽しめるソフトで、タッチペンでなでたり、ねこじゃらしなどのアイテムを使って遊んだり、マイクで呼びかけたりして仲良くなることを目的としている。ネコらしい距離感と態度をリアルに再現しているだけでなく、「感性制御技術 ST(Sensibility Technology)」を搭載したことも特徴のひとつ。STとは、Sensibility Technology(センシビリティ・テクノロジー/感性制御技術)の略称で、コンピュータに心を理解させる、コンピュータがあたかも心を持っているかのように振舞う、といったことを実現させようとする技術のこと。ネコに話しかけると、その音声からプレイヤーの感情を読み取り、さまざまなリアクションを見せる技術に使用されており、さびしい気持ちの時に話しかけるとそっと甘えてきたり、イライラしている時には近づいてこなかったりと、さまざまな反応を見せる。

 ちなみに手嶌さんは普段ゲームをしない。しかし、ネコが好きという点で参加した意義はあるのだそうだ。実際歌ってみて、かわいらしい曲だと思ったのだとか。はじめてオリジナルの曲で、“恋”というキーワードが出てきたことも新鮮だったと明かす。

 今回の「恋するしっぽ。」は、ネコの気持ちを表現しているかわいくて切ない詞がつづられている。自分の中にあるネコ像(手嶌さん的には「魔女の宅急便」のジジ)を思い描いて歌ったのだそうだ。特に曲のラスト付近にある「いつかそのひがきますように、きょうもゆめのなか」というフレーズがお気に入りなのだとか。

wk_080331neko02.jpg ゲームを取材時にはじめて触った手嶌さんだが、リアルなネコたちがかわいくて気に入ったのだそうだ

 手嶌さんは、3月5日に3rdアルバム「The Rose 〜I Love Cinemas〜」をリリースしたばかりだ。往年の洋画の主題曲が8曲収録しており、デビューのきっかけとなった「The Rose」をはじめ、ライブなどではおなじみの「Over The Rainbow」や「Moon River」など、ファンのリクエストも多く、自分が好きな楽曲を全編英語で歌っている。小さい時から親しんでいた洋画の大好きな曲を歌えるということで、手嶌さん的にも感慨深いものになったとのこと。手嶌さん自身も古い洋画をこよなく愛しており、特にお母様の影響を受けたことを語った。

 なお、6月には「西の魔女が死んだ」の主題曲となった「虹」がシングルとしてリリースされるほか、「恋するしっぽ。」を含んだ4thアルバムが夏に発売される予定だ。

「夢ねこDS」
対応機種ニンテンドーDS
メーカーセガ
ジャンルコミュニケーション
発売予定日4月24日
価格(税込)5040円

関連キーワード

| セガ | ニンテンドーDS


(C)SEGA


[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping