ニュース
2008年04月14日 17時55分 更新

生産システム第2弾「合成」の情報が明らかに――「真・女神転生IMAGINE」大型アップデート

 ケイブは、オンラインRPG「真・女神転生IMAGINE」において、4月24日に予定している大型アップデートの情報として、「生産システム第2弾」の合成について公開した。

 さまざまなアイテムをリサイクルして、装備品を作り出すことのできる生産システム第2弾。生産システム第2弾は、「分解」「合成」「改造」の3要素から成り立つ。

 合成は、分解によって入手した「原料」から新たなアイテムを作り出せるシステム。合成を行うには、4月24日に実装される「刀匠」もしくは「アームズメイカー」という能力(スキル)が必要となる。刀匠とアームズメイカーの習得方法は、「新宿バベル」にいるNPC「偉業のドワーフ」から教えてもらえる。

photo 合成によって生産できる武器のひとつウォーハンマー
photo 刀匠とアームズメイカーを教えてくれるNPC偉業のドワーフ

 刀匠を覚えるとハンマーなどの近接武器が、アームズメイカーを覚えるとライフルなどの射撃武器を作り出すことが可能。能力の上昇と比例し、作り出せる武器のレシピは増えていくので、刀匠やアームズメイカーを極めることで、より多くの武器を生産できるようになる。

 なお、4月24日の時点で、合成によって作り出せるアイテムは武器のみ。本日4月14日更新となった大型アップデートティーザーサイトを確認してほしい。

※画像は開発中の画像です。実際の仕様とは異なる場合がございます。
(c) ATLUS
(c) CAVE

関連キーワード

女神転生 | ケイブ | オンラインゲーム | RPG


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping