ニュース
2008年05月02日 15時29分 更新

日々是遊戯・4月ランキング:

おかげさまで1カ月(+ちょい)――4月の「日々是遊戯」人気記事を振り返る

ニュースではあまり扱わないような小ネタを拾って、毎日ひとつずつ取り上げていきましょう――という主旨でスタートした「日々是遊戯」も、おかげさまで連載開始から1カ月強が経ちました。さて、4月の人気記事ランキングは?

なぜかXbox 360ネタが人気

 3月半ばからスタートした当コーナー、開始当初は「“ほぼ日刊”くらいのペースで載せられたらいいね」なんてことを言っていたものですが、おかげさまでなんとか休まず続いているようです。

 さて、ここで4月の人気記事をちょっと振り返ってみることにしましょう。意外にも、4月のアクセス数トップは「マイクロソフトが行った、ちょっと変わった不正対処」の記事。日本の文化を指して、しばしば「恥の文化」なんて言ったりしますが、「不正を働くと、ステータスに“ごまかし行為者”と表示されるようになる」なんて、いかにも日本人的な発想ですよね。おそらく“チーター(cheater)”を直訳したものと思われる、“ごまかし行為者”という、なんとも情けない語感も個人的にツボでした。

 2位の「明日はエイプリルフール!」は、今やネット文化の1つとしてすっかり定着した、エイプリルフールのいわば“前夜祭”として取り上げたものでした。タイトルにある「あのメーカー」というのはもちろんアイレムのことですが、今年も渾身の「あいれむどうぶつえん」ネタで、王者の貫禄を見せてくれました。そもそも日本の企業がこうした手の込んだいたずらを仕掛けるようになったのも、アイレムがその先駆けだったという説もあるほどで。ついでに、この時発表された「あいれむどうぶつえん開園記念Tシャツ」は、その後アイレムの公式ウェブショップで本当に発売されたという後日談もあります(現在は完売中)。

 3位はアオシマの「1/24痛車シリーズ」。この時は店頭で販売されている様子を写真に収めようとしたのですが、どこの店でも入荷即完売という人気ぶりで、結局ついに実物は拝めなかったという……。もちろんプラモなので再生産に時間がかかる、というのもあるとは思いますが、現在でも相変わらず品薄は続いており、オークションなどでは定価以上で取引きされていたりもするようです。

 4位の「ARG」は、タイトルに見知らぬ単語があったので思わずクリックしてしまった、という人が多かったんでしょうか。まさかここまで注目を集めるとは思っていませんでしたが、日本ではまだあまり馴染みのない“代替現実ゲーム”の紹介ですね。一応、これまでにも幾度か上陸しかけたARGですが、いずれも日本では不発に終わっており、新発売となる「名探偵コナン・カード探偵団」にヒットの期待をかけつつ、ちょっと取り上げてみました。ちなみに過去、日本で成功したARGと言えば、2ちゃんねる発祥の「マトリックスオフ」あたりでしょうか(笑)。

 5位は再びXbox 360ネタで、「生産終了のXbox 360用HD DVDプレーヤーに残された使い道は?」がランクインしています。結局大した使い道はない、という身もフタもない結論でしたが、最近、通販サイトなどで軒並み過去のHD DVDタイトルが大幅値下がりしているのを見て、やっぱりちょっと欲しくなってきている自分がいたりします。仮にBlu-Ray版を買うより1本あたり約1000円安いとして、HD DVDプレーヤーが4980円。なんと、5本買えばモトが取れてしまう! などとついついまた不毛な計算をしてしまったりもするのですが、冷静に考えるとやっぱり不要ですな。

 と、まあそんな感じで1〜5位をゆるゆると振り返ってみました。とりあえず、今後も僕の根気とネタが続くかぎりは続けていきたいと思いますので、いましばらくお付き合いいただければ幸いです。

[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping