ニュース
2008年05月16日 19時19分 更新

新兵器「虎戦車」と「強化型投石車」を合戦に投入――「三國志 Online」

 コーエーは、サービス中のWindows用MMORPG「三國志 Online」について5月29日、アップデートを行い、合戦の幅を大きく広げる新兵器や、武具やアイテムなどの生産に必要となる素材集めを助ける“採集ボーナス”、各勢力の本拠地に追加される新しい依頼(クエスト)などを追加した。

新兵器「虎戦車」と「強化型投石車」を合戦場に投入

 合戦場で建造できる兵器に新たに「虎戦車」と「強化型投石車」が加わる。虎戦車は、虎の形を模した兵器で、口から火炎を放射し、直線上にいる敵や建造物に対してダメージを与えるというもの。近距離の攻撃を得意とし、敵を寄せ付けない火の壁として攻防ともに活躍が期待できる。また、従来の投石車の破壊力をさらにパワーアップさせた強化型投石車を新たに追加。新兵器の登場により、1000人規模で行われる合戦をよりエキサイティングに楽しめるようになった。

wk_080516sangoku01.jpgwk_080516sangoku02.jpg 虎戦車
wk_080516sangoku03.jpg 強化型投石車

上位身分「五品官」と「六品官」を追加

 勢力内のプレイヤー身分に、新たに「五品官」と「六品官」が追加される。身分の上昇は俸禄(給料)や兵器の建造に関係し、六品官以上で新兵器「虎戦車」、五品官以上で新兵器「強化型投石車」を建造可能となる。各勢力の昇進担当官から出される昇進試験を達成することで上位の身分に就くことができる。

 新たに追加される昇進試験は、“見捨てられた村”や“誘惑の森”などプライベートダンジョンを舞台としたものとなっている。

採集ボーナス値で短時間でも採集量アップ

wk_080516sangoku04.jpg

 オンライン、オフラインを問わず、採集していない時間に応じて貯まる“採集ボーナス値”が実装される。採集ボーナス値を消費して採集を行うと、一度に採集できるアイテムの量が格段にアップし、短時間で大量にアイテムを集めることができる。採集ボーナス値は各ワールドの一族間で共有され、同じ一族であれば、どのキャラクターでも使用できる。

各勢力の本拠地に新しい依頼が追加&NPCが手強い

 新たに中高レベル向けの依頼(クエスト)が複数追加。各勢力の本拠地である豫州(魏)・揚州(呉)・益州(蜀)を中心に実装され、「三国志」では馴染み深い武将や軍師から依頼を受けることになる。中には所属している勢力限定で受けられる依頼もある。

 また、合戦場に登場する全NPCのレベルを引き上げが行われ強化される。特に、弓兵NPCの射程距離の延長と使用する技能の強化により、弓兵が守る城門前の攻防がより白熱することだろう。また、弓兵が立つ“見張り櫓”や、物品の納入で味方NPC を強化できる軍団値“兵力”の重要性も増すことになる。

関連キーワード

三國志 Online | コーエー | MMORPG


(C)2007-2008 KOEI Entertainment Singapore Pte. Ltd. /(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping