ニュース
2008年05月26日 17時53分 更新

ニンテンドーDS活用拡充――「ニンテンドースポット」実験サービス、マクドナルドとつくばエクスプレスで開始

任天堂は、ニンテンドーDSの新たな利用シーン創出のため、一部のマクドナルド店舗とつくばエクスプレス車内と駅構内において、ニンテンドースポット専用ブラウザーソフト「ニンテンドースポットビューア」を、無線通信機能により無償配布する。

 任天堂は、ニンテンドーDSのパブリックスペースでの利用に関し、日本マクドナルドとエヌ・ティ・ティブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)をパートナー企業とし、「ニンテンドースポット」実験サービスの取り組みをスタートすると発表した。

 この試みは、ニンテンドーDSの新たな利用シーンを創出すべくトライアルであり、さらなる普及と活性化を促し、“所有者の生活を豊かにするゲーム機”とする任天堂の理念を定着させることを目的としている。

 日本マクドナルドでは、世田谷区および杉並区内のマクドナルド21店舗において5月27日から6月末日までの期間中、ユーザー所有のニンテンドーDSにニンテンドースポット専用ブラウザーソフト「ニンテンドースポットビューア」を、無線通信機能により無償配布する。店内でニンテンドースポットビューアを使用して電源を切るまで、マクドナルドがニンテンドーDS用に作成した、商品情報や販売促進を目指した各種キャンペーン情報のホームページ「マクドナルドニュース」や「食育の時間」を閲覧することや、任天堂のサーバからDSソフトの体験版ダウンロードなどが楽しめるとのこと。なお、配信されるコンテンツの中には、「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」のわざ「プレゼント」を覚えた「ピカチュウ」も配信される予定だ。

 また、NTTBPでは、つくばエクスプレス(秋葉原〜つくば)の全20駅および列車内(秋葉原からつくばを結ぶすべての2000系列車で利用可能)において、5月27日から12月28日までの期間中、すべての駅構内(ホーム、改札前コンコース付近等)で、ユーザー所有のニンテンドーDSにニンテンドースポット専用ブラウザーソフト「ニンテンドースポットビューア」を、無線通信機能により無償配布する。こちらも、同場所および列車内で、ニンテンドースポットビューアを使用して電源を切るまで、NTTBPが提供する、外出先での情報配信プラットフォーム無料ポータルサイト「Wi-Fine for DS」での各種情報の閲覧や、任天堂サーバからDSソフトの体験版ダウンロードが可能となっている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping