トップ10
2008年05月29日 18時50分 更新

週間ソフト販売ランキング:

プロ野球〜ルネッサ〜ンス!

トップに新顔が登場するのは何カ月ぶりだろうか? 髭男爵のように思わずワイングラスで乾杯?

週間ソフト・セルスルーランキング

2008年5月19日〜2008年5月25日

順位機種タイトルメーカー発売日価格(税込)販売本数累計本数
1NDSプロ野球チームをつくろう!セガ2008年5月22日5040円5万90005万9000
2PSPモンスターハンターポータブル 2nd G(同梱版含む)カプコン2008年3月27日4800円5万1000209万6000
3Wiiマリオカート Wii任天堂2008年4月10日5800円4万8000131万7000
4WiiWii Fit任天堂2007年12月1日8800円3万6000211万
5NDSヘラクレスの栄光 〜魂の証明〜任天堂2008年5月22日4800円2万30002万3000
6NDSDS美文字トレーニング任天堂2008年3月13日3800円1万500023万3000
7NDS緋色の欠片DS(限定版含む)アイディアファクトリー2008年5月22日5040円1万50001万5000
8Wii突撃!! ファミコンウォーズ VS任天堂2008年5月15日6800円1万50003万9000
9NDSめっちゃ!太鼓の達人DS 7つの島の大冒険バンダイナムコゲームス2008年4月24日5040円1万400016万1000
10Wiiリンクのボウガントレーニング+Wiiザッパー任天堂2008年5月1日3800円1万200016万8000

メディアクリエイト調べ


 ご覧のとおり、1位にセガの「プロ野球チームをつくろう!」がランクインした。そのほかにも任天堂の「ヘラクレスの栄光 〜魂の証明〜」やアイディアファクトリーの「緋色の欠片DS」など、ニンテンドーDSタイトルが元気がいい。

 「やきゅつく」の略称で親しまれる「プロ野球チームをつくろう!」シリーズは、実在の日本プロ野球12球団のどれかを選択し、世界一の球団に再建していくスポーツ育成シミュレーションゲームだ。プレイヤーは、球団経営やスタッフ人事などに手を入れ、チームの選手を育成し、試合の戦略部分を担う。

 そもそも「やきゅつく」は、1998年にセガサターンより「プロ野球チームもつくろう!」として世に送り出された。以後、プラットフォームを変えながら、最新作まで9作品作られている。再編問題など、その時代のプロ野球が抱える状況を色濃く反映される点も特徴だろう。

 ちなみに、この「やきゅつく」の第1弾、よくよく名前を見ると「プロ野球チームつくろう!」と、「を」じゃなく「も」になっている。これは、1996年に同じくセガサターンより発売されているサッカーチーム経営シミュレーションゲーム「Jリーグプロサッカークラブをつくろう!」を受けてのもので、いわゆる「サカつく」のプロ野球版という立ち位置だったため。「やきゅつく」も好評だったため独立し、2作目からは「を」となったというわけだ。

 髭男爵が「ルネッサ〜ンス」とテレビCMで高らかに乾杯しているので、なんとなくランキングでも昔を振り返ってみた。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping