ニュース
2008年05月30日 20時28分 更新

ニンテンドーDS、アニメ、コミックに展開:

キーワードは「世界撲滅」――「『ワールド・デストラクション』プロジェクト」始動 (1/3)

セガが展開する「『ワールド・デストラクション』プロジェクト」の発表会が開催された。ゲーム、アニメ、コミックなど、さまざまなメディアに展開したプロジェクトとなる。アニメとコミックは7月から開始。ゲームは9月に発売される。PVも掲載。

マルチコンテンツ展開で1つの世界観を表現

 セガの「『ワールド・デストラクション』プロジェクト」とは、ニンテンドーDSソフト「ワールド・デストラクション 〜導かれし意思〜」を始め、TVアニメ「ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜」、コミック「ワールド・デストラクション 〜ふたりの天使〜」で展開される新規プロジェクトだ。ベースとなる世界観や主要キャラクターは各コンテンツで共通となるが、ストーリーの一部で独自のアレンジを行い、それぞれの世界がクロスすることで、「ワールド・デストラクション」の世界観やストーリー、キャラクターの魅力をより広く、深く引き出していくという。

 「ワールド・デストラクション」の舞台は、「砂海」と呼ばれる砂の海に囲まれており、1000年の周期で破壊と再生を繰り返す、閉じられた世界だ。「獣人」により人間は支配されており、水や火は存在せず、特殊な砂がその役割を果たしている。

 この物語の主人公は「キリエ・イルニス」という少年。世界の情勢にまったく無関心だったが、世界撲滅委員会に所属するヒロイン「モルテ・アーシェラ」と出会うことで自分の存在意義を知り、キーパーソンとなっていく。キリエと相対するのが獣人「ナジャ・グレフ」。オオカミ族の父と人間の母を持つハーフだが、世界救済委員会の隊長各として、世界を守るという理想のために努力していく。

画像 キリエ・イルニス。性格は温和で自己主張はあまりしないが、思ったことは素直に口に出すタイプ。物語の終盤では、キリエの思い切った行動により、ストーリーが急展開を見せるとか
画像 モルテ・アーシェラ。つらい過去を背負っており、獣陣が支配するこの世界を撲滅したいと思っている。最初はキリエを引っ張っていく形だが、キリエが自分の自我を悟った時、あらたな関係を見せていく
画像 ナジャ・グレフ。性格は外見どおり理知的であり、世界を守るという理想のために努力する。しかし融通の利かないところがあり、自分の考えを常に正しいと信じてしまうところがある。キリエを世界を滅ぼす倒すべき敵としてみなし、キリエたちの前に立ちはだかることになる

画像 トッピー・トプラン。外見はかわいらしいクマのぬいぐるみのようだが、勇者ギルド所属の流れの賞金稼ぎという凄腕。性格はハードボイルドで孤高の存在
画像 アガン・マードル。獣人から人間を解放する、という目的を持つゲリラ組織“黄金の獅子”の副リーダー。モルテとは幼なじみで、やがてキリエたちと行動をともにするようになる。パーティーの兄貴的存在。
画像 リ・ア=ドラグネール。竜族の最後の1人という獣人。外見年齢は15、6歳だが、実際は300年以上生きている。竜族の使命でもある、世界の最初と最後に関わる、という役目だけはちゃんと守ろうとする。そのため、世界撲滅のカギを握るキリエに付いて行くことになる。怒ると獣人化し、角が出る

 「今の市場をリードしているのは携帯ゲーム機。中でもニンテンドーDS向けのRPGは、2007年度の市場で見ても700万本が流通している」と語るのは、セガの国内CS事業部長である前田雅尚氏。今年セガは、ニンテンドーDSやPSP向けにさまざまなRPGタイトルを発売することになるそうだが、その先駆けとなるのが「ワールド・デストラクション」だ。

 今回のタイトルがマルチ展開のプロジェクトとなったことについて前田氏は「ソフトが売れる前提として、作品のできがいいのは当たり前。ただしゲームだけにとらわれていると難しい。このため、アニメやコミックにも展開し、それぞれのターゲット層に向けて訴えかけていく」と述べた。

 「ワールド・デストラクション」プロデューサーである、セガの下里陽一氏によると、物語は冒頭、ナジャとキリエの対立関係により進んでいくとのこと。「それぞれのキャラクターがキリエとどうからんでいくかがストーリーの見どころ」(下里氏)だ。

画像 セガ 取締役 国内CS事業部長 前田雅尚氏
画像 セガ ワールド・デストラクション プロデューサー 下里陽一氏

       1|2|3 次のページへ

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping