ニュース
2008年06月06日 17時33分 更新

10周年を迎えた忍者アクションは、隠れることに集約――「天誅4」制作発表会

フロム・ソフトウェアは、本格忍者アクション「天誅」シリーズの最新ナンバリングタイトルを発表した。制作発表会では、三部作で展開する構想も明かされた。

オリジナルスタッフが集結し、新たなコンセプトの元開発

wk_080606tentyu01.jpg 「天誅4」制作発表会
会場:六本木・香和

 1998年発売された「天誅」シリーズは、第1作の発売以来全10作品を発売し、全世界で累計300万本を販売する本格忍者アクションゲームである。誕生から10年を迎える今年、シリーズナンバリングタイトルの最新作「天誅4」を、Wii向けに発売するとフロム・ソフトウェアが発表した。発売日は2008年10月23日を予定している。

 6月6日、六本木の香和にて開催された制作発表会では冒頭、フロム・ソフトウェア専務取締役の中島英一氏によって「天誅4」の発売と、開発にアクワイアを含むオリジナルスタッフが集結しながらも従来のシリーズは異なるコンセプトの元、開発が進められていることが告げられた。

 「天誅」シリーズは、当初“立体忍者活劇”と称したように、プレイヤーが忍者である力丸と彩女となり、敵に見つからないように隠れながらステージを進む、ミッションクリア型のステルスゲームのひとつとして世に送り出された。中島氏は、「天誅 参」から実に5年ぶりとなる正統ナンバリングタイトルを発表できることに感謝し、パートナーとなる開発元のアクワイア代表取締役の遠藤琢磨氏を紹介した。

 遠藤氏は、10年前に「天誅」を作った時からだいぶ老けたと、その時の流れに呼応するようにキャラクターもぐっと大人の雰囲気を加えたと、「天誅 参」から1年後の力丸と彩女が描かれるものの、2人のイメージを一新しフォトリアルになったことを明かす。それに伴い、声優も力丸を小山力也さん、彩女を甲斐田裕子さんへと変更された。なお、海外展開についてはユービーアイソフトが担当し、東京ゲームショウにはプレイアブル出展したい旨を報告した。

wk_080606tentyu02.jpg この10年を振り返ったフロム・ソフトウェアの中島英一氏は、東京ゲームショウにはプレイアブルで体験プレイできるようにしたいと発表した
wk_080606tentyu03.jpg 中島氏とがっちり握手して登場したアクワイアの遠藤琢磨氏は、さまざまな和モノを手がけていた技術をふんだんに生かしたものにすると発言
wk_080606tentyu04.jpg ユービーアイソフト代表取締役のスティーヴ・ミラー氏も招かれ、海外での展開で強力な後押しをすることを約束した

wk_080606tentyu05.jpg 見た目もアダルトになった力丸と彩女

 実際の内容について、フロム・ソフトウェアより本作プロデューサーの竹内将典氏と、アクワイアより本作ディレクターの金山圭輔氏が登壇し、「天誅4」がオリジナルスタッフが集まった正統ナンバリングタイトルでありながら、Wiiというハードの特性を生かしたまったく新しいものへと進化していると改めてゲームコンセプトについて解説した。

 それによると本作は、リアルな忍者アクションの追求として「正統天誅」でありながら、改めて忍者の本質を見直し“忍び寄って殺す”ことに絞り込んだゲーム性とWiiリモコンによる「簡単・直感」的な操作を実現。一撃で敵を仕留める“必殺”などのカメラ演出やWiiリモコンのスピーカーや振動による演出など「シネマティックな体験」を強化している。


wk_080606tentyu06.jpg 左が竹内氏、右が金山氏。忍者らしくハリの上によじ登り移動し、天井から敵をぶら下がりながら急襲してみせるという、“忍者っぽい”動きも実践してくれた

 特に両氏が推すのは、“忍び寄って殺す、見つかれば即、死”というゲーム性。忍び寄り方もプレイヤーによってさまざまで、Wiiリモコンを振るだけで隠れるべき場所にキャラクターが隠れてくれる点を強調する。つまりは難しいボタン操作を必要とせず、直感的に隠れることに集中できるシステムとなっている。また、物陰以外にも暗闇に隠れることに比重を置いており、たいまつや行灯(あんどん)を自ら消して暗闇を作ることで進めるようにもなっている。金山氏のデモンストレーションでは実際、たいまつを消して気配を殺し、敵に近づいたり、立体的にいくつもの選択肢がある隠れ方を実践して見せてくれた。


wk_080606tentyu13.jpg

 制作発表会では、「天誅4」を皮切りに、ナンバリングタイトルが続く三部作としての製作も発表されている。Wiiでの操作性を元に、「天誅5」、「天誅6」と、本作をベースに正統進化させていくことを約束した。


wk_080606tentyu07.jpg 今回彩女役に抜てきされた甲斐田裕子さんも登場。「天誅」以外のゲームで仕事をしたことがある竹内氏は、いつかこういう日が来ると思っていたとか。すでに収録は行われており、まるで映画の吹き替えのようだったと現場の様子を振り返っていた
wk_080606tentyu08.jpg 実はシリーズ全編に関わっている作曲家の朝倉紀行氏も登壇。ゲームの中でも音楽の要素は重要であり、思い入れもあるとのこと。シリーズとは差別化してほしいという厳しい要望が、プレッシャーだったとか。ドラマを意識し、愛をテーマにしている曲になっている
wk_080606tentyu09.jpg テーマ曲をソプラノ歌手の柴田智子さんが歌う。朝倉氏とは以前からの知り合いで、ニューヨークでの9.11の体験をテーマにした曲を作ろうと話していたのが、今回の「夢の淵」製作のきっかけになったのだとか

wk_080606tentyu10.jpgwk_080606tentyu11.jpgwk_080606tentyu12.jpg 会場となった香和は、明治時代の遊郭をモチーフにしているレストランということで、発表会の前後には遊女やいなせな男衆による演舞で華を添える。なにげにWiiリモコンを剣や扇子に見立てた踊りも
「天誅4」
対応機種Wii
ジャンル本格忍者アクション
発売日2008年10月23日
価格(税込)7140円

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping