ニュース
2008年06月06日 18時38分 更新

オンラインゲームポータル「55Shock!」、7月2日よりオープン

ショックウェーブ エンターテインメントによるオンラインゲームポータル「55Shock!」が7月2日からオープンする。「ボンバーマン オンライン Japan」や「Angel Love Online」など6タイトルから開始する。登場した高橋名人は「ボンバーマン」の命名由来について語った。

“次世代型”のオンラインゲームポータルを目指す

 ショックウェーブ エンターテインメントは6月6日、都内で発表会を開催し、オンラインゲームポータルサービス「55Shock!」(ゴー! ゴー! ショック)を7月2日よりオープンすることを発表した。

 同社はこれまで「Shockwave」にてFlashゲームやFlashアニメなどを提供してきたが、今回オープンする「55Shock!」は“次世代型”と銘打ち、新たにサービスを展開することになる。

 何が“次世代型”なのかというと、広告収入をユーザーに還元する形で、ゲームの値段を下げる試みを行うため。これまで同社はプリプレイムービーによる広告やコンテンツのスポンサード、広告にちなんだゲームを作る“アドバゲーミング”などによって、リッチメディアの広告展開をしてきた実績があり、この手法を取り入れる形で価格を下げるそうだ。

画像画像

 今回、「55Shock!」で提供されることが決まっているのは以下のタイトルだ。このほか時期未定だが、「テトリスオンライン」がサービスされることが決定している。「55Shock!」に掲載されるゲームは、Shockwaveと同じID、つまり登録したメールアドレスおよびパスワードでプレイすることが可能となっている。

タイトル ジャンル 運営 開発元 サービス時期
ボンバーマンオンライン Japan 対戦アクション ハドソン/ショックウェーブ エンターテインメント ハドソン 2008年夏
Fun!Fun!Buggy! レース ソリッドネットワークス Windysoft(韓国) 2008年7月
ExtremeFighter 対戦格闘 ソリッドネットワークス ハイファイブ・エンターテインメント 2008年夏αテスト開始
ストラガーデンNEO MMORPG ソリッドネットワークス ゲームズアリーナ 2008年7月
ワーネバオンライン(仮) MMO生活シミュレーション ソリッドネットワークス アルティ 2008年夏
エンジェルラブオンライン MMORPG キューエンターテインメント UserJoy technology(台湾) 2008年夏

 また、2008年度のショックウェーブイメージガールには、女優の加藤夏希さんが就任する。加藤さんを選んだことについて、同社の代表取締役社長 日高俊児氏によると、今回立ち上げるゲームのようなヘビーユーザーから、Flashゲームをプレイするようなライトユーザーにまで訴えかけられるのに最適というのが理由であるとか。なお加藤さんは「Shockwave Award 2006」の審査員を務めていたこともある。

高橋名人と加藤夏希さんも登場

画像

 発表会にはイメージガールの加藤さんと、ハドソンの高橋名人も登場した。

 加藤さんはイメージガールに就任したことについて「ゲームがたくさんできるのですごくうれしいです」と語り、「わたしの始めてのお仕事は、11年前でしたが、ゲームのイメージガールでしたので、初心に戻るきっかけになりました」とか。アクションゲームは好きだがあまり上手ではないそうだが、シミュレーションやパズルゲームで最近は遊んでいるそうだ。

 高橋名人は、加藤さんが1985年生まれということを聞いた時にショックを受けたという。「1985年は『スターフォース』で全国キャラバンをした年。なのでわたしが“名人”になったのは1985年なんです」。これを聞いて加藤さんはとても驚いていたが、「この間はハリセンボンの近藤春菜さんが、わたしが入社したあとに生まれたことも分かりましたし、だんだんおじさん立つ瀬がなくなっていく(笑)」(高橋名人)。

 ここで高橋名人は、「ボンバーマン」の歴史について紹介。最初はPCゲームとして1983年に「爆弾男」として登場した。これを海外で発売する時に「ボンバーマン」で出そうと思っていたが、ちょうどそのときにドイツの空港でテロがあり、「“ボンバー”はまずいんじゃないか」ということになって、登場人物が山高帽をかぶったおじさんと風船だったので、『エリック&フローター』で発売したとか。逆にファミコン版を登場させる時には、半蔵門にロケット弾が打ち込まれたりして、“爆弾”はまずいだろう、と。そこから「ボンバーマン」という名称が定着したわけだ(このあたりの詳細は高橋名人のブログ「16連射のつぶやき」にも書かれている)。

 その後、1988年にはPCエンジン版で5人対戦が可能に。「一番最初はどうかと思いましたよ? 爆弾を置いて相手を倒し合うなんて(笑)。子供からどう言われるか、と。ただ、会社で遊んでいた時に盛り上がったので『これは売れるわ』と思いました。そこから『ボンバーマン』が続いているんですね」(高橋名人)。

 昔はキャラバンカーにゲーム機を積んで全国を回って各地のチャンピオンを決め、それを集めて雑誌に掲載していたのに、オンラインゲームでは一瞬で1位、2位が決まるのがすごい、と高橋名人。「知り合いでも、見ず知らずの人でも戦えるのがオンラインゲームのいいところ。ただ、長く遊び過ぎちゃう傾向がある。(遊ぶ時は5、6時間プレイするという加藤さんに)ゲームは1日1時間なんだよ。大目にみて2時間ですね。わたしなんか3時間くらいしか……(笑)」(高橋氏)。

画像画像

 また高橋名人は「ボンバーマンオンライン」をどうやって通勤時間中にプレイするかを悩んでいるそうだが、「揺れる瞬間に死んじゃうんだろうな(笑)」。「ボンバーマン」で一番まずい例は、「ここに爆弾を置いてはいけない」というところに置いて「右に行ったらいけない」という時に右に行って挟まれて自滅することだそうだが「電車に乗って揺れていると、それが多くなる可能性がありますね(笑)」(高橋名人)。

 ここで高橋名人からの「一番最初に遊んだゲームは?」という問に、加藤さんはファミコンの「セーラームーンR」と答えるが、一番好きだったのは、敵をキックで攻撃する瞬間にSTARTボタンを押すとパンチラが見え、連打するとスローモーションで展開するシーンだったとか……。「女の子だろ!」と突っ込む高橋名人。

 「ボンバーマンオンライン Japan」については、クローズドβテストでバグがいっぱい出て大変だったそうだが、「今一生懸命直していますので待ってください。バグを出すためにテストをやってもらうんだから全然OKなんだけど、今までの『ボンバーマン』ではあり得ないことが取り込まれていて“いいのかよ!”と思ったけど。これ以上言うと開発の人に怒られるので言いませんが(笑)」(高橋名人)。

 なお、「ボンバーマンオンラインJapan」については、「東京ゲームショウ」などでのリアルイベントも計画されている。決勝戦には加藤夏希さんも参加するそうだ。

 最後は高橋名人と加藤さんの「55Shock!」というかけ声で終了した。

画像

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping