トップ10
2008年06月18日 19時44分 更新

育て、アオダモの木

今週、セガさんから粋なプレゼントが届きました。

 今週の月曜日ですが、セガの宣伝部の方から宅配便が届きました。何かと思って開けてみると、ホームベースの形をした木の板が。送付状には「今回『野球つく』では木製バットの素材となるアオダモ資源保護と環境保全を目的とした『アオダモ資源育成の会』の活動内容に賛同し、アオダモ植樹の支援活動に参加していますが、その植樹の際に取り付けるプレートをお送りします」とのこと。

 すっかり忘れてました。そういえば5月にこんな記事も掲載したんですね。「プロ野球チームをつくろう!」(以下、野球つく)の公式サイトでアンケートに協力した人全員の名前を植樹プレートに書いてくれて、植樹するんでした。ITmedia +D Games編集部はアンケートに協力したわけじゃないですけど、送っていただいたので、ちゃっかりと自分たちの名前を書いて、植樹していただくことにしました。

画像 汚い字ですみません……

 実際にどのように植樹されるのかをセガの方に聞いたら、7月〜10月の期間で毎月植樹しており、次回は8月2日に北海道・苫小牧の国有林で実施されるそうです。そのときには、北海道日本ハムファイターズのほか、セ・リーグ、パ・リーグの代表、社会人や大学、高校、少年野球の選手といった方たちが総勢120名で参加されるとか。

 最近はエコブームで、カーボンオフセットだとか、炭酸飲料にまでCO2排出量を表示するとかいうニュースが飛び交っていますが、ちょっとパターンは違うものの、少しは地球環境保全に役だったのかなと、ちょっぴりうれしくなってしまう自分でした。

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping