ニュース
2008年07月08日 21時43分 更新

ACCS、「親と子の著作権教室」今年も開催

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントの協力により、「親と子の著作権教室」を8月28日(木)に開催する。

 当日は、SCEから発売されている「サルゲッチュ」シリーズの制作スタッフを先生に、ゲーム制作の課程を体験学習するほか、著作権の基礎知識を分かりやすく解説するコーナーなどが用意される。対象者は小学4〜6年生と保護者のペア、先着20組。参加申し込みはACCSのWebサイトから。

親と子の著作権教室〜ゲームづくりから楽しく学ぼう!〜
日時 8月28日(木) 午後1時30分から午後4時まで
会場 ソニー・コンピュータエンタテインメント本社
東京都港区南青山2-6-21TK南青山ビル
地下鉄:青山一丁目駅下車 A1またはA5出口から徒歩3分
対象者 小学4〜6年生と保護者のペア20組(先着順に受付。定員になり次第締め切り)
内容 ・「ゲームができるまで」:「サルゲッチュ」シリーズのゲーム制作者が、ゲーム制作の過程を分かりやすく、面白く解説します。
・「ゲームクリエイターに聞いてみよう」:少人数のグループで「プランナー」、「プログラマー」、「デザイナー」に参加者が直接質問します。
・「著作権ってなんだろう!?」:情報を扱う際の大切なルール「著作権」についての劇を上演します。
(内容が変更される場合もありますので、ご了承下さい。)

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping