ニュース
2008年07月16日 17時48分 更新

地球に接近する巨大流星「メテオG」とは?――「流星のロックマン3」

2008年冬にカプコンから発売される「流星のロックマン3」。「メテオG」の接近に伴い、ノイズの影響によって崩壊を始める電波世界。果たして、ロックマンは世界の破滅を止められるのだろうか。

地球に接近する巨大流星「メテオG」の脅威

画像 メテオG。時空をゆがめ、この電波社会にノイズを発生させる存在。その正体は宇宙に漂うノイズデータが結集した巨大サーバであり、中心部にはノイズが意思を持ったケモノのような電波体がいるという

 世界に頻発する電波ウィルスの凶暴化やノイズ率の上昇によるシステムの暴走。果たしてその原因は何なのか?

 事態の解決に奔走するスバルやサテラポリスたちの頭上に、とてつもない存在が現れる。それは謎の巨大流星「メテオG」

 メテオGの地球への接近に伴い、ノイズの影響によって崩壊をはじめる電波世界。はたして、スバルたちはこの巨大流星を食い止めることができるのか?そして、メテオGを地球へと導いた者は一体誰なのか!?


画像画像

ウィザードが暴走、恐るべきノイズの影響

画像 マグネッツ。コダマ小学校科学部が製作したロケットのウィザード

 巨大流星「メテオG」から発せられるノイズの影響によって、暴走を始めてしまうウィザードたち。スバルは電波ウィルスだけでなく、時にはこのように暴走したウィザードをも相手にすることとなるようだ。ウィザードの能力が高いほどに、暴走時の戦闘能力が上がるのは想像に難くない。

 果たして、ロックマンは世界の破滅を止められるのか!?


画像画像画像 スペード・マグネッツ。ロケットのウィザード、マグネッツ君がノイズの影響によって暴走した姿。温和な顔も凶悪な表情となり、左右の手はソード状に変化してしまっている

バトルにどのような影響が出るのか?

 新端末ハンターVGの登場によって、ゲーム画面にも大きな変化が。MAP画面では下画面がハンターVGの端末画面となり、ウィザードであるウォーロックの姿が見える。

 またハンターVGを使用する際には、さまざまな機能を持つポップアップウィンドウが開く。バトルカードフォルダの編集など、それぞれのウィンドウをタッチすることで操作を直感的に行うことができる。

画像画像

 バトル画面にもハンターVGの登場によって変化が出ているようだ。特に下画面のバトルカードが、ポップアップウィンドウのように配置されているのに注目しよう。これまでにないアングルでバトルが行われているようだ。新たなバトルカードやノイズチェンジの登場で、バトルはどうなるのだろうか?

画像画像画像

流星のロックマン3
ジャンル ブラザーアクションRPG
対応機種 ニンテンドーDS
プレイ人数 1人(ワイヤレス通信時27人)
発売日 2008年冬予定
価格 未定
CERO 審査予定
その他 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
(C)CAPCOM CO., LTD. 2008 ALL RIGHTS RESERVED.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping