ニュース
2008年07月24日 12時31分 更新

日々是遊戯:

日本よりもユーザー層は幅広い? ESAの統計調査に見る、アメリカ人のゲームプレイ動向

アメリカでは低年齢層よりも壮年以上のユーザーの方が多く、また女性ユーザーの割合も比較的多いらしい。ESAの統計調査から、アメリカ人ゲーマーのゲームプレイ動向をのぞいてみる。

ゲームは子供より、大人が遊ぶモノ??

wk_080724hibikore02.jpg

 E3の取材に行った際、会場で「ESSENTIAL FACTS - ABOUT THE COMPUTER AND VIDEO GAME INDUSTRY」という小冊子をもらってきた。発行元は、E3の主催団体であるESA(Entertainment Software Association)。日本で言うなら、CESAが定期的に調査し、公開している統計データ集のようなものだろうか。全13ページのごく薄い本だが、ユーザー層や人気のジャンル、タイトルなどが分かりやすくまとめられていて、なかなか読みごたえがある。

 これによると、PCまたは家庭用ゲームのいずれかで遊んだことがあるアメリカ人家庭は、全体の約65%。年齢別で見ると「19歳未満」が25%なのに対し、「50歳以上」は全体の26%にのぼっており、低年齢層よりもむしろ壮年以上のユーザーの方が多くなっていることが指摘されている。このあたりの傾向は、日本とはまったく違っていて面白い。また比較的女性ユーザーが多い(全体の約40%)のも特徴で、特に18歳以上の女性は現在、全ゲーム人口の約33%とかなり大きな部分を占めつつあるとのことだった。

 人気のジャンルは、家庭用ゲームではアクションが22.3%ともっとも多く、次いでファミリーエンタテイメント(17.6%)、スポーツ(14.1%)、シューティング(12.1%)の順となっている。アメリカ人と言えばなんとなくアクションやシューティング(FPS)ばかり遊んでいるイメージがあるが(筆者だけ?)、最近ではWiiのヒットや音楽ゲームのブームなどもあり、みんなで遊べるファミリーエンタテイメントなどが人気を伸ばしつつあるようだ。ちなみに2007年でもっとも売れた家庭用ゲームは「Halo 3」(Xbox 360)で、次いで「WII PLAY WITH REMOTE(はじめてのWii)」(Wii)、「CALL OF DUTY 4: MODERN WARFARE」(Xbox 360)、「GUITAR HERO III: LEGEND OF ROCK」(PS2)、「SUPER MARIO GALAXY」(Wii)がそれぞれ2位〜5位となった。

 他にもペアレンタルコントロールが盛んなお国だけあって、「18歳未満の子供も持つ親の63%は、ゲームが子供に好影響を与えると考えている」など、“親と子供”に関する調査項目がけっこう多いのも特徴的。このデータは、ESAのサイトでも同じものがPDF形式で公開されているので、興味がある人はのぞいてみてもいいかもしれない。

[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping