インタビュー
2008年07月29日 15時31分 更新

「テイルズウィーバー」に桜舞う和風マップ追加――新キャラクター「ランジエ」登場 (1/2)

ネクソンジャパンは7月30日、「テイルズウィーバー」をアップデートし、日本をモチーフにした「忍桜の里」を追加、新キャラクターを登場させる。また、ロッテとのタイアップも。
wk_080729tales01.jpg 今回のアップデートについては、坂下智久氏(右)と坂本麻耶氏(左)に説明してもらったものをまとめてみた

 日本でサービスが開始されてから約4年、初の日本をコンセプトとしたマップが導入されることになった。その桜舞い散る日本をフューチャーした「忍桜の里」は、日本運用チームで企画したもの。今回、追加される新キャラクター「ランジエ」とともに、運用チームとマーケティングチームに話をうかがった。アップデート情報に加え、ロッテと組んだタイアップ商品についても紹介する。

日本をコンセプトに構成された「忍桜の里」

wk_080729tales02.jpg

 今回、追加されるマップ「忍桜の里」は、「忍者」と「桜」の2つをメインテーマにしたもので、日本で先行公開されたのちに、韓国での公開も予定している。珍しいことにこのマップへは、クエストをクリアするか招待状を購入しないと進入できない。登場するNPCは10人。その内“5人のくのいち”は忍術を使って突然消えたり現れたりする。はらはらと桜の花びらが舞い、日本風の建物、そして忍者と、まさしく“日本らしい”マップといえる。BGMも忍桜の里オリジナルのものが楽しめる。


wk_080729tales03.jpg 「忍桜の里」全景

 周辺には「桜並木」、「桜咲く森」や「呪われた墓地」といったフィールドがあり、ちょんまげをつけたゼリッピ「まげッピ」など、出現するモンスターも和風だ。採集スキルがあれば獲得できる稲穂は、脱穀機で精米でき、クエストの報酬品の「骸骨武者セット」をはじめ、「達磨帽子」など、徹底的に和風にこだわったアイテムも順次実装される。座ると表示されるアイテムにはお膳(ぜん)を表示して、花見としゃれ込むこともできる着物や羽織など、キャラクターによって異なるさまざまなアイテムも用意。

 「忍桜の里」を導入するにあたり、“日本らしい”ものを提案した中で、やはり桜と忍者という分かりやすいイメージを採用したのだとか。


wk_080729tales04.jpgwk_080729tales05.jpgwk_080729tales06.jpg 桜並木

wk_080729tales07.jpgwk_080729tales08.jpgwk_080729tales09.jpg 桜咲く森

wk_080729tales10.jpgwk_080729tales11.jpgwk_080729tales12.jpg 呪われた墓地

wk_080729tales13.jpgwk_080729tales14.jpgwk_080729tales15.jpg 忍桜の里

wk_080729tales16.jpgwk_080729tales17.jpgwk_080729tales18.jpg 忍桜の里

wk_080729tales19.jpg 和傘、浪人笠、達磨帽子などの日本コンセプトアイテム
wk_080729tales20.jpg こちらが骸骨武者セット
wk_080729tales21.jpg 茶の湯セット
       1|2 次のページへ

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping