ニュース
2008年07月29日 15時42分 更新

その男、記憶がなくとも危険――「The Bourne Conspiracy」(ボーン・コンスピラシー)

スパイクは、プレイステーション 3/Xbox 360対応の三人称アクションゲーム「ボーン・コンスピラシー」を10月30日に発売する。
wk_080729born30.jpg

 ロバート・ラドラム氏によるベストセラースパイ小説を原作としたスリリングな展開が満載の「The Bourne Conspiracy」(ボーン・コンスピラシー)は、シューティング、格闘、逃走をシームレスに描く、スピード感あふれるプレイステーション 3/Xbox 360対応の三人称アクションゲーム。肉弾戦やシューティング、逃走・脱出など、息つく間もない緊張感の中、主人公ジェイソン・ボーンの優れた本能でクール&ワイルドに陰謀と闘っていくことになる。ボーンシリーズといえば映画でもおなじみだが、本作は映画「The Bourne Identity」との関連性は、あくまでも“原作となっている小説が同じ”というだけで、“映画原作”ではない。


wk_080729born27.jpgwk_080729born28.jpgwk_080729born29.jpg

ストーリー

wk_080729born01.jpgwk_080729born02.jpgwk_080729born03.jpg

wk_080729born04.jpg ジェイソン・ボーン
語学に精通しており、自己を守るための武術と頭脳に優れている人物。記憶をなくし、自身の名前や経歴すら思い出せない瀕死の状態で海上を漂っているところを発見された

 その男は深い傷を負い、マルセイユ沖を漂流していた。

 偶然にも近くを通りかかった漁船に救助されたその男は記憶を失っており、自分が何者かすら思い出せない状況だった。そんな中、男の身元の手がかりになる事が、たった1つあった。それは男自身に刻み込まれた、まだ出来て間もない傷口だ。それは2カ所あり、しかも皮膚の下にはスイスの銀行の口座番号が印されたカプセルが埋め込まれていたのだ。それを手がかりに、男は自分自身の身元を探しはじめる。

 そして、何故か自分が格闘や拳銃の扱いに慣れている、ということに気づくのだった―――。


 原作のプロットをベースに、映画版で語られることのなかったジェイソン・ボーンの過去や新しいストーリーを楽しむことができる本作では、CIAエージェントであるジェイソン・ボーンが記憶を失くしたきっかけとなる任務をプレイすることになる。プレイヤーはジェイソンの困惑と衝撃の逃走劇を追体験することができる。

 本作はハイスピードアクションが大きな魅力であり、銃撃戦、肉弾戦、逃走や追随などがすべてシームレスで行われる。ボタン指示に従うだけで、映画さながらのアクションを発動できるなど、プレイヤーにこの上ない爽快感を与えるゲームデザインがなされている。肉弾戦では苛烈なバイオレンス表現を存分に楽しむことができる。

wk_080729born05.jpgwk_080729born06.jpgwk_080729born07.jpg

wk_080729born08.jpgwk_080729born09.jpgwk_080729born10.jpg 映画版ボーンシリーズで格闘シーンの演出を手掛けたジェフ・イマダ氏の協力による頭脳格闘肉弾戦を、作品のいたるところで体験できる

wk_080729born11.jpgwk_080729born12.jpgwk_080729born13.jpg 迫力ある銃撃戦も

wk_080729born14.jpgwk_080729born15.jpg CIAから終われる身であるジェイソン。息をつかせぬ逃亡シーンも見どころのひとつ。インスティンクティブ・リフレックスシステムにより、切り抜けられるピンチも数多い

 ゲーム中、随所に現れる脱出までのカウントダウンによって、プレイヤーは常に急かされプレイする感覚を持つことになる。心理的焦りが加わることで、スピード感がさらに際立つことになる。

wk_080729born16.jpg カウントダウン始動
wk_080729born17.jpg 戦闘中もカウントダウンは進行する

wk_080729born18.jpgwk_080729born19.jpgwk_080729born20.jpg ゲーム中、次々と現れる敵たちに、プレイヤーは焦りを覚える。本作では敵を顧みずにゲームを進行することも可能になっており、敵を倒さずにゲームを進めるのも1つの手段。プレイヤーは常に後ろからも急かされた形でゲームを進行することになる

インスティンクティブ・リフレックス・システム

 ストーリーの進行上、瞬時にボタンセレクトを要求されるシーンが登場する「インスティンクティブ・リフレックスシステム」。正しくボタン入力ができればハイレベルなカメラワークで迫力のアクションが展開される。ゲームは常にシームレスで動いているため、一瞬たりとも気が抜けない。

wk_080729born21.jpgwk_080729born22.jpgwk_080729born23.jpg ゲームを進行していると、突如ボタン入力を要求される。要求されるボタンは毎回ランダムに設定されるため、スピード感溢れるゲームデザインと相まって、一瞬のスキも許されない

wk_080729born24.jpgwk_080729born25.jpgwk_080729born26.jpg 本作の大きな魅力である斬新なカメラワーク。さまざまな状況にあわせ、通常のゲームでは見られない。細やかなカメラワークが随所に登場する
「The Bourne Conspiracy」(ボーン・コンスピラシー)
対応機種プレイステーション 3/Xbox 360
ジャンルアクション
発売予定日2008年10月30日
価格(税込)7140円
プレイ人数1人
"The Bourne Conspiracy" interactive software (C) 2008 Vivendi Games, Inc. "The Bourne Identity" characters, events, story and publishing rights, (C) 1980 Estate of Robert Ludlum. All rights reserved. Developed by High Moon Studios, LLC. High Moon Studios and the High Moon Studios logo are registered trademarks of High Moon Studios, LLC. Sierra and the Sierra logo are either registered trademarks or trademarks of Sierra Entertainment, Inc. in the U.S. and/or other countries. THX and the THX logo are trademarks of THX Ltd. which may be registered in some jurisdictions. All rights reserved. “PlayStation”, “PLAYSTATION” and “PS” Family logo are registered trademarks of Sony Computer Entertainment Inc. Microsoft, Xbox, Xbox 360, Xbox LIVE, and the Xbox logos are trademarks of the Microsoft group of companies. All other trademarks are property of their respective owners. Marketed and Distributed in Japan by SPIKE.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping