ニュース
2008年08月06日 16時05分 更新

「こんなに楽しい仕事はほかにない」――三浦春馬さん、セガ・ゲーセン親善大使に就任

セガは、アーケードゲームのイメージキャラクターに俳優の三浦春馬さんを起用する。三浦さんは「ふらっと気軽に立ち寄って、楽しんでもらいたい」と“ゲーセン”をプロモーション。
photo 「セガ・ゲーセン親善大使」に就任した三浦春馬さん

 セガは、アーケードゲームのイメージキャラクターに俳優の三浦春馬さんを起用することを発表。本日8月5日、セガ「渋谷ギーゴ」にて記者発表会が行われた。

 気軽に「ふらっと」立ち寄れる、身近なイメージを広く訴求するため、同社は今回初めてアミューズメント施設をあえて“ゲーセン”という呼び名とし、新たに「ふらっとゲーセン推進委員会」を発足。三浦さんは「セガ・ゲーセン親善大使」として、「ふらっと、ゲーセン。いいこと、あるかも」をコンセプトに1年間プロモーション活動を行っていく。

 今注目の若手俳優の三浦さんが登場するということで、記者発表会場は報道陣でいっぱいに。人があふれて蒸し暑い会場とは対照的に、三浦さんは、セガカラーのブルーの衣装を身につけてさわやかに現れた。

 ゲーム好きでもある三浦さんは、イメージキャラクターに選ばれたことについて、「もともとゲームはすごい好きですし、“ゲーセン”にも行っていたので、すごくうれしいです」と感想を述べた。

 「ゲームをしながら撮影をするということで始めは緊張したんですが、時間がたつにつれて仕事を忘れてゲームしていました。こんなに楽しい仕事ほかにないですね」と三浦さん。広告のメイキング映像をはにかんで見つめていた。

photophoto 「出来上がったポスターを間近で見て、すごく大きくて恥ずかしかった。でも渋谷駅はけっこう立ち寄るので、楽しみにしたいと思います」と三浦さん

 三浦さんは、撮影でプレイした対戦型競走馬育成シミュレーションゲーム「ダービーオーナーズクラブ」(以下、DOC)が一番のお気に入りであることを明かした。「今まで競馬のゲームは、難しいと思ってプレイすることはなかったんですが、実際やってみると簡単。ゲームをやっていて、こんなにドキドキするゲームはないです。自分の馬の順位のことで、心臓がバクバクなんですよ。だから勝ったら相当うれしい」(三浦さん)。完全に「DOC」にはまったようだ。

photophoto ちなみに「DOC」育てている馬の名前は、自分の名前の春馬にちなんで「スプリングホース」なんだとか。個人的に“ゲーセン”に行って遊んだエピソードも披露してくれた。「撮影中は8戦か9戦行って、1勝しかできなかったんです。『負けねー』と思って個人的にもゲーセンに行ってみましたが、ほかのプレイヤーにまったく勝てませんでした。負けじと頑張ったものの、そのプレイヤーの戦績を見たら56戦52勝。これは絶対勝てないなと(笑)」(三浦さん)

 三浦さんはもともとサッカー好きということで、トレーディングカードゲーム「WORLD CLUB Champion Football」(WCCF)の話でも盛り上がる。三浦さんは「通常クラブに集うことのない選手ばかりを自分のチームに入れることもできるのですが、作戦とか、カードの位置を動かさないとうまくいかなくて……。奥の深いゲームだから、サッカーファンにはたまらないと思いました」とコメントした。

photophoto 実際の選手では、クリスティアーノ・ロナウド選手が好きという三浦さん。「プレイ自体もがつがついくところ、攻めていくところがかっこいいなと思います」(三浦さん)。ゲームでも2点ほど決めてくれたとのこと

 最後に三浦さんは「自分が本当にプレイしてみて楽しかったので、ふらっと気軽に立ち寄って、楽しんでもらえればなと。大使として頑張ります」と意気込みを語った。今後三浦さんは8月11日から展開するJR渋谷駅集中駅張りを皮切りに、「セガ・ゲーセン親善大使」として各種プロモーションに登場する予定だ。

photophotophoto 会場ではガンシューティングゲーム「RAMBO」をプレイ。見事な腕前を披露した

[塙恵子,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping