ニュース
2008年08月18日 16時29分 更新

日々是遊戯:

「龍が如く 見参!」のコラボレーションケータイがソフトバンクより発売中

江戸時代の京都を舞台に“祇園の龍”こと桐生一馬之介の生き様を描いたPS3用アクションゲーム「龍が如く 見参!」が、今度はなんとケータイになった。

肌身離さず、漢の魂を持ち歩きたい人に

wk_080818hibikore01.jpg

 シリーズ累計販売本数200万本を突破し、今やすっかりセガを代表する作品のひとつとなった「龍が如く」シリーズ。その最新作「龍が如く 見参!」をモチーフとしたコラボレーションケータイがソフトバンクより発売中とのこと。

 元になっている端末は、パネルやインナーシートを自由にコーディネートできるのが特徴の「SoftBank815T」。本モデルではこれに、龍のイラストをあしらった和風のパネル、インナーシートが各3種類(赤、黒、白の3色)付属するほか、オリジナルの壁紙やアイコン、着ボイスなどが用意される形となる。また購入時には特典として「龍が如く オリジナルデザイン高級ノート」と、武蔵の刀の根付を再現した「龍が如く 見参! 宮本武蔵トリビュート鈴ストラップ」も付属。特にストラップの方は、本作のプロデューサーである名越稔洋氏が自らデザインしたもので、ファンにとってはたまらない一品と言えそうだ。


wk_080818hibikore02.jpgwk_080818hibikore03.jpgwk_080818hibikore04.jpg

 これまでにも、さまざまなアーティストやキャラクターとコラボレーションしたケータイは数多くあったが、ゲームとのコラボレーションは、筆者が知るかぎり今回がおそらく初めて。“オトナ”をターゲットに据えた「龍が如く」シリーズならではの展開とも言えるが、今後“オトナ向け”のゲームが増えてていけば、こうしたコラボレーションも徐々に多くなっていくのかもしれない。

 なお購入したい場合は、同社のコラボレーション携帯サイト「コラボルタ」より注文する形となる。価格は新規の場合で2580円(総額6万1920円)、機種変更の場合で2880円(総額6万9120円)となる。

[池谷勇人,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping