ニュース
2008年08月25日 14時56分 更新

もう1つの「流星のロックマン3」――「レッドジョーカー」版が同時発売

ニンテンドーDS用ソフト「流星のロックマン3」に、「ブラックエース」と「レッドジョーカー」の2バージョン存在することが明らかになった。

 カプコンから11月13日に発売される、ニンテンドーDS用ソフト「流星のロックマン3 ブラックエース」。「ブラックエース」と同時に、「レッドジョーカー」版が発売されることが分かった。

電波技術の進歩と新端末

photo ハンターVG

 「流星のロックマン3」では、世界の電波技術はさらに発展していて、これまで以上に電波を使ってさまざまなことが行える。しかし、その弊害として、電波ウイルスの凶暴化やノイズ率の上昇によるシステムの暴走が続発。そこで、サテラポリスがウイルスバスティングのために新たに開発されたのが、新端末「ハンターVG」。ハンターVGは、従来の端末に比べ、ウイルスバスティング機能がより強化されたほか、マテリアルウェーブよりもさらに高度な実行プログラム「ウィザード」を実体化させることができる機能を搭載。これによって、ウォーロックも実体化が可能になった。

ノイズの力で究極変身!!

 時空をゆがめ、この電波社会にノイズを発生させる謎の流星「メテオG」から発せられるノイズは非常に凶悪なもので、その影響はウイルスだけでなくロックマンにまで及んでしまう。

 ノイズの影響を受けたロックマンは、メテオGの生み出す凶暴なノイズと、ハンターVGに搭載されたノイズコントロールプログラムが同調することで「ノイズチェンジ」という突然変異を起こしてしまう。ノイズチェンジを行うと、その外見の変化だけでなく多用な能力を手にすることができる。そして、ノイズ率がさらに上昇したとき、ロックマンは究極変身(ファイナライズ)(ブラックエース or レッドジョーカー)を遂げることになる。

photophoto ノイズチェンジ(左)、ブラックエース(右)


 ロックマンが究極体へと変身できる漆黒の姿こそ、ブラックエースと呼ばれるゆえんならば、レッドジョーカーはどんな姿になるのか!?

タイトル 流星のロックマン3 ブラックエース/流星のロックマン3 レッドジョーカー
ジャンル ブラザーアクションRPG
対応ハード ニンテンドーDS
プレイ人数 1人(ワイヤレス通信時2人)
発売日 2008年11月13日予定
希望小売価格 5040円
CERO対象年齢 A(全年齢対象)
備考 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
©CAPCOM CO., LTD. 2008 ALL RIGHTS RESERVED.

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping