ニュース
2008年08月27日 00時00分 更新

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:

ツインレバーでビル登ろう「クレイジークライマー」 (1/2)

連載第64回は日本物産の「クレイジークライマー」。ビルを登るという設定、ツインレバーによる操作、個性的な敵キャラクターなど、絶大なインパクトを残したゲーム。突然変異的に出現した異色作といえます。

超高層ビルが林立し始めた時代

photo 新宿第一生命ビルとハイアットリージェンシー。両ビルはツインビルといえる形態で、よく似た外観である

 1970年代。東京に次々と、超高層ビルが建ち始めた。

 西新宿の淀橋浄水場跡地には、1971年の京王プラザホテルを皮切りに、住友、三井、KDD、野村、安田火災海上の各ビルと、新宿センタービルが相次いで竣工する。

 また池袋には、1978年にサンシャイン60が開業。その後、現在の東京都庁ができるまでの12年間、日本一高いビルとして君臨した。

 こうして超高層ビルが、東京の街の新しい風景として認知されてきた1980年、「クレイジークライマー」は突然現れた。

 高層ビルの外壁をひたすら登っていくという不思議な設定、植木鉢を落とす人やゴリラやしらけコンドルなどの不条理な敵キャラ、2本のレバーでクライマーの両手を操作するという特異なインターフェイス。このゲームの登場以前に似たタイプのゲームはなく、また、これ以降もほとんど現れていない。

 というわけで今回は、クレイジークライマーと同じ1980年に完成した、新宿第一生命ビルとハイアットリージェンシー東京(旧・ホテルセンチュリーハイアット)の前にて写真を撮影した。

 ビルの形状を考えると、前年に竣工した新宿センタービルで写したほうがクレイジークライマーっぽいのだが、センタービルでは10年前、本当に人が外壁を登って逮捕されるという騒動があったので、そこで写真を撮るのはちょっと自重した。

 この時代の有名なゲームはだいたい、コロコロコミックに連載されていたマンガ「ゲームセンターあらし」に登場する。クレイジークライマーも例外ではなく、トンメン大王という敵との戦いに使われていた。


photo 写真は1995年に発売された、スーパーファミコン版「ニチブツアーケードクラシックス」のもの

 ストーリーが直接、クレイジークライマーのゲーム内容と関わってくるわけではないが、“人がビルを登っていく”というゲーム画面にインパクトがあった。

 また、あらしと仲間たちが地獄で冒険する話では、地獄の底から伸びる塔を、ゲーム筐体のついたゴンドラで登っていくシーンがあった。ゲーム中のクライマーと同じルートでゴンドラが動くが、妨害も同じように行なわれ、植木鉢や鳥のフンがゴンドラめがけて落ちてきた。


2本のレバーで2本の腕を動かす

 クレイジークライマーのクライマーが、なぜビルの外壁を素手で登ろうとしているのか、明確な設定はない。

 イメージイラストでは、火災に遭ったビルが描かれている。ということはクライマーは、屋上へ避難しようとしているのだろうか?

 しかしゲーム内では、クライマーはビルの中からではなく、地上から外壁に取りついてスタートしているし、ビルから火が出ている様子もない。結局のところ、ビルを登る理由は謎のままである。

 ちなみに、日本物産のサイトによると、当初は“炎上中の高層ビルを登る”という案だったのだが、ハードウェアの制約で火災が表現できなかったため、このような形になったらしい。

 さて、クレイジークライマー第一の特徴は、ツインレバーを使った独特の操作方法だ。

 2本のレバーがそれぞれ、クライマーの左右の手に対応している。レバーを上に倒すと、クライマーが手を伸ばして、上の階の窓枠をつかむ。その状態でレバーを下に倒すと、手を支えにして体を押し上げ、1階上に登ることができる。これを繰り返して、ビルの上へ上へと登っていくのだ。

 速く登るには、左のレバーを上に倒すと同時に、右のレバーを下に倒し、そのあと左を下に、右を上に倒す。するとクライマーは、左腕で体を押し上げるとともに、右腕でさらに上の階の窓枠をつかむ。これを繰り返せば、1階ずつ登っていくより効率が良い。

 両手が窓枠にかかっている状態で、2本のレバーを横に倒すと、その方向に移動できる。

photophotophoto (写真左)左のレバーを上に、右のレバーを下に倒した状態
(写真中央)左右のレバーを逆方向に倒せば、1階上がると同時に、さらに上の階の窓枠をつかめる
(写真右)2列の窓に手をかけることも可能。斜め上の窓枠をつかむことができる

 屋上までたどり着くと、そこにはヘリコプターが待っている。うまく手を伸ばしてヘリコプターにつかまると1面クリア。4棟のビルをクリアすると、また最初のビルに戻る。

 クライマーが登っているビルには、行く手をはばむさまざまな敵が存在する。まずクライマーを妨害するのが、窓そのものだ。開いたり閉まったりしている。手を掛けている窓が閉まると、クライマーは落っこちてしまう。閉まり始めた窓を避けるのはもちろん、行き場がなくならないよう、プレイヤーは周囲の窓を常に見ておく必要がある。

 なぜ超高層ビルの窓が開くのか、危なくないのかなどと、まともに考えてはいけない。もっと不条理な敵キャラが、まだまだクライマーの前に立ち塞がるからだ。

photophotophoto (写真左)ヘリコプターは上がったり下がったりしている。つかめないまま時間が経つと、飛び去ってしまってボーナス点が得られなくなる
(写真中央)窓は本当にあちこちで閉まる。ほかの敵が出てくると、閉まる窓はさらに脅威となる
(写真右)周囲の窓が全部閉まった上、手を掛けていた窓も閉まり、クライマーが落ちてしまった

       1|2 次のページへ

[ゲイムマン,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping