ニュース
2008年08月27日 12時21分 更新

アーケード完全移植だけではない!――「キン肉マン マッスルグランプリ2特盛」 (1/3)

バンダイナムコゲームスが、キン肉マン生誕29周年プロジェクトとしてPS2で発売するのが、アーケードで展開していた超人格闘バトルの移植版。運命の5王子も参戦して、まさに特盛って感じ!
wk_080827niku01.jpg

 運命の5王子が参戦したアーケード版「キン肉マン マッスルグランプリ2」を完全移植。さらに追加要素を盛り込んだ超人格闘バトルの決定版がプレイステーション 2で発売される。その名も「キン肉マンマッスルグランプリ2特盛」!

 本作は、アーケード版の完全移植である「アーケードモード」に、コンセプトごとの対戦者を倒し優勝を目指す「トーナメントモード」、原作アニメの名シーンをコレクションし、閲覧できる「コレクションモード」、コマンドの閲覧やコンボの練習が行える「プラクティスモード」を加えた、全4種類のゲームモードを搭載している。

wk_080827niku02.jpgwk_080827niku03.jpgwk_080827niku04.jpg 「アーケードモード」の1人プレイは、CPUと全8戦闘い、すべてに勝利してエンディングを目指すというもの。アーケード版と同様に、ゲーム途中での乱入により2人プレイの対戦モードとなる
wk_080827niku05.jpgwk_080827niku06.jpgwk_080827niku07.jpg PS2オリジナルモードとなる「コレクションモード」では、原作の名シーンを再現したフォトアルバムを閲覧できる。アーケードモードやトーナメントモードで、原作での超人の組み合わせで、使用した技を使いシーンを再現することで、コレクションフォトアルバムが埋まっていく

アーケード版の完全再現にとどまらない!

 前述したとおり「アーケードモード」は、アーケード版「キン肉マンマッスルグランプリ2」を完全移植したメインモード。「マッスルグランプリ2」より新規に追加された「運命の5王子」と、隠しキャラクターを含む全39キャラクターから、1キャラクターを選びCPUとの全8戦を勝ち抜く1人用モードとなっている。

wk_080827niku08.jpg これぞ真・火事場のクソ力

 「マッスルグランプリ2」で搭載された「真・火事場のクソ力システム」も完全再現されているので、アーケードで培ったテクニックをそのまま駆使した闘い方も可能だ。アーケードモードでは他プレイヤーがゲーム途中で乱入することができるのだが、乱入すると対戦モードに移行する。対戦モードはアーケード版同様に超人と、戦うステージを自由に選択することができる。また、オプションにてラウンド数、試合時間を選ぶことができ、好みの設定で闘うことができる。

アニメのワンシーンをコレクションする

 「コレクションモード」でのフォトアルバムは、はじめのうちはそれほど埋まっていない。しかし、アーケードモードやトーナメントモードで闘いを繰り広げるうちに、次第に追加されていく仕組みだ。原作での超人の組み合わせで、使われた技を使いシーンを再現することで、コレクションフォトを追加していくというもので、コスチュームやステージまで完全に再現するとモノクロからカラーへと表示されるようになる。

 コレクションしたフォトアルバムから、サムネイル画像を選択することでビューワー画面とすることも。ビューワー画面では、原作アニメによる名シーン画像に、当時をほうふつとさせる解説を交えて見ることができる。

完全再現されたゲームシステムや技の数々

 こちらも前述したとおり、アーケード版「キン肉マン マッスルグランプリ2」で追加された新システムや新要素がしっかり搭載されることになった。

真・火事場のクソ力

 これは、今までの「火事場のクソ力」システムも残したまま、新要素として「真・火事場のクソ力」システムを導入しており、テンションゲージが一定以上になったとき攻撃系ボタンを3つ同時に押すことで任意に発動させることができるようになった。その効果は、ゲーム開始時に3種類から選択可能となっている。

  • 攻撃重視:ほとんどの通常攻撃がキャンセル可能となり、次々と技を繰り出せる。さらにテンションゲージMAX時には、一部の打撃にガードを無効化する追加能力が付加される。
  • 防御重視:“弱よろけ”誘発技を受けてもよろけが発生せず、それ以外の打撃に対してはすべて“弱よろけ”になる。テンションゲージMAX時は、さらに“中よろけ”を誘発させる打撃を受けてもよろけが発生しなくなる。
  • 火事場のクソ力:すべての必殺技がテンションゲージの量に関係なく出し放題になり、必殺打撃がキャンセル可能になる。テンションゲージMAX時には超必殺技も出し放題になる。

ダッシュ投げ

 「ダッシュ投げ」は敵方向へレバーを2回素早く入れてダッシュし、一気に敵に近付いてそのまま「組み」ボタンで投げるという技。相手との間合いが開いた時など、新たな駆け引きの1つとして使うことができる。

ポジションチェンジ

 レバーを相手と反対の方向に素早く2回入れて「組み」ボタンを押すことで、相手に組みかかり、組みがヒットすると、立ち位置を180度入れ替えることができる。コーナーへ追い詰められた際に使えば、ピンチから一転してコーナーを使った大技を炸裂するチャンスが生まれる。

 そのほかにも、超必殺技が炸裂すると、キャラクターごとのカットイン演出が入ったり、超必殺技でフィニッシュを決めた際には、おなじみのキャラクターたちが驚きの表情とともに登場し、勝利をより派手なものにする演出も入る。

wk_080827niku15.jpgwk_080827niku16.jpgwk_080827niku17.jpg
       1|2|3 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping