ニュース
2008年08月29日 18時36分 更新

店舗限定の育てる小さな海藻「ぷちも」ってなんだ?

セガは、全国のセガ系列のアミューズメント施設のうち約40店舗限定で、育てる小さな海藻「ぷちも」を、UFOキャッチャー用景品として8月下旬より投入する。

生活空間に潤いを――涼しげな「ぷちも」を卓上に

wk_080829puchi01.jpg パッケージ3種

 セガでは2006年より「植物の栽培」セットシリーズを展開しているが、「ぷちも」の投入でシリーズのバリエーションを増やしたいとの狙いがあった。そこで、全国のセガ系列のアミューズメント施設のうち約40店舗限定ではあるが、育てる小さな海藻「ぷちも」を、UFOキャッチャー用景品として8月下旬より投入する。

「ぷちも」は海藻バイオテクノロジーにより人工的に創り出された海藻で、「セレ」「ラミア」「ルナ」(呼称)の3種類はアオサやヤブレグサに属するもの。球状や線状で、基本的に放射線状に葉を広げながら成長する。中には発光するものも。

 直射日光の遮断と簡単な水質の管理だけで誰でも育てられ、日常生活ではほとんど目にすることのないその生態を鑑賞することができる「ぷちも」は、1カ月で5ミリ程度成長。育成環境が良ければ、大きな容器に入れ替えると最大20センチ程度まで成長するとのこと。

 商品の内容としては、「ぷちも」(海藻)のほかに飼育水、ポット、敷小石をパッケージしている。なお、水が濁ってきた場合は、別売の「ぷちも飼育水」、あるいは海水と交換することを勧めている。

wk_080829puchi02.jpg 「セレ」
wk_080829puchi03.jpg 「ラミア」
wk_080829puchi04.jpg 「ルナ」

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping