ニュース
2008年09月01日 15時39分 更新

小学館、セガ共同開発の知育ソフト――ニンテンドーDS「かいておぼえる ドラがな」

ニンテンドーDS用ソフト「かいておぼえる ドラがな」が、11月27日に発売される。運筆能力を段階的に身につけながら、ひらがな・カタカナを練習。

 小学館とセガは、ニンテンドーDS用ソフト「かいておぼえる ドラがな」を共同で開発、11月27日より販売を開始する。価格は3990円。

 本タイトルは、4歳〜小学1年生を対象とした知育ソフトとなっており、小学館が企画監修した「ドラがな」学習カリキュラムを採用。いきなり「あいうえお」を書かせるのではなく、直線や曲線をなぞることから、右まわし文字、左まわし文字、両まわし文字……と、運筆能力を段階的に身につけながら、ひらがな・カタカナの練習を進めていく。

photophotophoto

photophotophoto

 また、カリキュラムに沿って学習を進めてひみつ道具を集めていく“まいにちドラがな”、ひらがな・カタカナと小学1年生で習う漢字80文字、そして簡単な文を作る練習ができる“もじのおけいこ”、文字やことばを題材に「ドライブ」「めいろ」「ふうせんわり」「さかなつり」といったミニゲームで遊ぶことができる“もじもじランド”など、多彩なモードを収録。約350点のイラストを通じて物や動物の名前も身につけること可能だ。

 さらにフルボイスで練習をナビゲート。ひらがなに初めて触れる子供でも、安心して楽しく学習を続けられるソフトとなっている。

©小学館 © SEGA ©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping