「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news083.jpg

テクモ、スクエニからのTOB提案に不賛同――コーエーとの経営統合を協議

テクモとコーエーが経営統合に向けた協議を開始すると発表した。これに伴い、スクウェア・エニックスからの友好的TOB提案に対してテクモ取締役会は、不賛同という答えを出した。

wk_080904tecmo01.jpg 先日開催された「TECMO PRESS CONFERENCE 2008 AUTUMN」でのテクモ代表取締役会長兼社長の柿原氏康晴氏。スクウェア・エニックスの提案にNOという回答を出した

 先日、スクウェア・エニックスからの友好的TOBを提案されたテクモは、スクウェア・エニックスが提示した回答期限である本日9月4日、コーエーとの経営統合へ向けた協議を開始するとして、「経営統合委員会」(仮称)の設置したと発表した。テクモ取締役会は、スクウェア・エニックスからの提案に対して不賛同を表明したことになる。

 経営統合にかかる協議開始の目的としてテクモは、「ユーザーのニーズが多様化&高度化するとともに市場競争が激化し、マルチプラットフォーム及びグローバル化への対応力を充実させることが、業界にとって重要な経営課題となっていることを受け、両社の優れた財務体質と強みを相互に活かして収益性を高め、経営基盤を強化し、世界的なリーディングカンパニーとして力強く発展することを目指すべき」としている。

 また、「有能な従業員の確保、安定した開発環境の確保、両ブランドの維持発展から考えた場合、さらにこれまでの両社の創業者の親交もあり、経営統合することによって両社それぞれの個性を尊重し、社員が十分に能力を発揮できる環境を整えることで、一層の飛躍が期待できる」とコメントしている。

wk_080904tecmo02.jpg 8月29日に行われた記者会見で、テクモへの友好的TOBについて応えるスクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏

 一方、スクウェア・エニックス側は、テクモとコーエーの経営統合について以下の照会を行っていることを明らかにしている。テクモからの回答を得た後、今後の方針を決定すると発表した。

  • テクモの取締役会が本案の賛同をしなかった理由は、コーエーとの経営統合に向けた協議を決定したためかどうか、ご教示いただきたい。
  • もし、そうだとした場合、コーエーとの経営統合の条件(統合の態様、統合の前提となる株価、統合比率など)が本案よりもテクモ株主にとって有利であることを具体的にご教示いただきたい。
  • もし、そうでない場合、本案よりもテクモ株主にとって有利である代替案を具体的にご教示いただきたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping