「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news059.jpg

日々是遊戯:「スーパーマリオ」から「メタルギア」まで――第1回「CEDEC AWARDS」ノミネート作品を一挙紹介

今年から「CEDEC」に導入された要素のひとつに、ゲーム開発者の視点から優れたゲーム開発技術を表彰する「CEDEC AWARDS」というものがある。今年は記念すべき第1回開催ということで、新旧の人気タイトルが一堂に集結。果たしてこの中から、各部門賞に輝くのは!?

第1回開催ならではの豪華顔ぶれ――あなたならどれを選びますか?

wk_080910hibikore01.jpg

 9月9日から11日にかけ、東京・世田谷区の昭和女子大学にて開催されている「CEDEC 2008」。初日のコーエー・松原代表取締役社長の基調講演でも少し触れられていたが、今年ははじめての試みとして、特に優れたゲームの開発技術に対し、開発者自らが評価・表彰を行う「CEDEC AWARDS」が実施されている。

 CESA主催によるゲーム表彰イベントと言えば、ユーザーによる一般投票で優秀タイトルを選ぶ「日本ゲーム大賞」が有名だが、今回実施されている「CEDEC AWARDS」の方は、あくまで“技術面”にフォーカスを当て、開発者の視点で優れた作品を選んでもらおう、というのが趣旨。表彰部門も「プログラミング・開発環境」、「ビジュアルアーツ」、「ゲームデザイン」、「サウンド」の4部門と、より専門的・技術的な分類となっていることが分かるだろう。


wk_080910hibikore02.jpg 会場構内の要所にノミネート作品が掲示してある

 さて、肝心のノミネート作品だが、今回は記念すべき第1回開催ということで“過去に発売されたすべてのゲーム”が対象。このため「スーパーマリオブラザーズ」や「ドラゴンクエスト」といった80年代の名作から、「メタルギアソリッド」、「グランツーリスモ」といった最新のタイトルまで、新旧の人気作品が同じ土俵に並ぶという、ちょっと面白い様相となっている。果たして“開発者”が選ぶナンバーワンはどのタイトルなのか、表彰前に予想してみるのも楽しいだろう。ノミネート作品一覧は以下のとおり。

 なお、授賞式は「CEDEC 2008」2日目にあたる、9月10日の午後6時30分より予定されている。

【プログラミング・開発環境】

  • MTフレームワーク(カプコン)
  • グランツーリスモシリーズ(ポリフォニー・デジタル)
  • バーチャファイター(セガ)
  • ピクミン(任天堂)
  • リッジレーサー(バンダイナムコゲームス)

【ビジュアルアーツ】

  • ICO(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
  • グランツーリスモシリーズ(ポリフォニー・デジタル)
  • ソウルキャリバーシリーズ(バンダイナムコゲームス)
  • ファイナルファンタジーVII〜XII(スクウェア・エニックス)
  • メタルギアソリッドシリーズ(コナミデジタルエンタテインメント)

【ゲームデザイン】

  • スーパーマリオブラザーズシリーズ(任天堂)
  • ドラゴンクエストシリーズ(堀井雄二/スクウェア・エニックス)
  • バーチャファイター(セガ)
  • ポケットモンスターシリーズ(ゲームフリーク)
  • モンスターハンターシリーズ(カプコン)

【サウンド】

  • グランツーリスモシリーズ(ポリフォニー・デジタル)
  • 実況パワフルプロ野球シリーズ(コナミデジタルエンタテインメント)
  • 新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(カプコン)
  • 絶対音感オトダマスター(ハドソン)
  • ゼルダの伝説シリーズ(任天堂)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping